大分市小池原自転車事故の高校生は誰で顔画像は?損害賠償金はいくら?

大分市小池原自転車事故の高校生は誰で顔画像は?損害賠償金はいくら?

5月29日午後8時半過ぎ、高校生が乗っていた自転車が、前から歩いてきたウォーキング中の主婦・皆見真里子さん(61)さんにぶつかり、頭を強く打って30日夜になって亡くなりました。

自転車の死亡事故が増え社会問題化している中で、また事故が起きました。

小学生が自転車で坂道を下って歩いていた62歳の女性と衝突し、62歳の女性が意識不明となった事故で9520万円の高額賠償事例が出たことで大きくニュースで取り上げられました。

この小学生が母子家庭でこの高額賠償金をどうやって払っていくのだろうか?というのも注目された要因になりました。

今回の事故の被害者も61歳と年齢が近く高額賠償になるのは間違いありませんね。

では、どれくらいの損害賠償金になるのでしょうか?

事故現場はどこ?衝突原因は?

大分市小池原の県道松岡日岡線ということなので、上の地図の赤い線(610号線)上で事故が起こったことになります。

17歳の高校生の名前と顔画像は?高校はどこ?

高校生が17歳と未成年なので、名前や顔画像は公表されていませんでした。高校も同じく公表されていませんでしたが、現場近くには、大分工業高専がありますが、現場近くの高校かも?、わかりませんね。

自転車事故の賠償金はいくらになる?事例を見てみましょう!

高額賠償事例を見てみましょう。

賠償金9,500万円

平成25年7月4日、神戸地方裁判所で損害賠償金9500万円を命じる判決が言い渡されました。この自転車事故で注目すべき点は、賠償金額が9,500万円で加害者が小学5年生、母子家庭の母親に賠償命令が出たということです。

事実関係
平成20年9月22日午後6時50分ごろ、神戸市北区の住宅街の坂道で、当時11歳だった少年は帰宅途中、ライトを点灯しマウンテンバイクで坂を下っていたが、知人と散歩していた女性に気づかず、正面衝突。女性は突き飛ばされる形で転倒し、頭を強打。女性は一命は取り留めたものの意識は戻らず、4年以上が過ぎた今も寝たきりの状態が続いている。

被害者にとっては、加害者が誰であろうと損害が発生し被害を被っているわけなので関係はないことです。いっけん高額に見える賠償金も内訳をみると納得できるところもあると思います。

では、その内訳は

治療費 298万2,471円 装具費 3万9,982円 入院雑費 27万3,000円

入院付添費 109万2,000円 休業損害 143万4,160円 傷害慰謝料 300万

後遺傷害慰謝料 2,800万 後遺障害逸失利益 2,190万4,918円

将来の介護費 3,938万6,420円 損害額(小計)9,811万2,951円

損益相殺 290万5,869円

損害額合計 9,520万7,082円

事故件数と死者数

自転車事故は、事故件数約9万件、死者数は約480人です。事故件数に対する死者数の割合は、約5%です。1日に換算すると事故件数約246件、死者数1.3人 約2人になります。

多いと思いますか?少ないと思いますか?意外と事故件数の割合にしては、死者数が少ないと思った方は、大きな落とし穴があります。

事故で亡くなった場合の賠償金と、後遺障害が発生し、働くこともできず寝たきりになった場合の方が、賠償金が高くなるのです。被害者によっては、賠償金が1億を超えることはあります。ぞっとする話ですよね。

では、どう対策をすればいいでしょう。

自転車事故の賠償金を払うためには?示談交渉は?

賠償金を払うためには、保険しかありません。支払い余力のある人は別ですが?

では、どんな保険に加入すればいいのでしょうか?それには、大きく分けて2つ方法があります。一つ目は、自転車保険に加入する。二つ目は、自動車保険、火災保険、傷害保険のどれかひとつに個人賠償責任保険を特約でつけることです

保険料、自転車保険に加入するよりも、自動車保険、火災保険、傷害保険のどれかひとつに個人賠償責任保険を付保した方が安いです。特約で付保した場合、年間保険料は、約1,600円から2,000円です。

補償内容にも差があります。自転車保険の賠償責任1億円の補償に対して、自動車保険、火災保険、傷害保険の個人賠償責任保険は無制限となっています。ただし、自転車保険にはケガした場合も補償があるので保険料が高いとも言えます。

加入ポイント
①賠償責任の上限額を確認する ②示談交渉がついているか確認する ③現在加入中の保険でカバーできるか否か確認する(見直ししてみる)

おすすめは、賠償金が無制限で補償できる特約で付保する方が保険料も安く補償も大きいのでいいと思います。賠償金1億を超える事例は今後出てくると思います。1億上限では安心できませんね。保険会社で呼び名は違いますが、「日常生活賠償保険特約」で問い合わせればわかります。

名前のとおり、自転車事故のみではなく、日常生活で賠償金を払うようなケースで役に立ちます。例えば、「飼い犬を散歩中に犬が人を噛んでけがをさせてしまった」「子供が誤って他人の家のガラスを割ってしまった」「デパートで商品を見ているときに落として誤って壊してしまった」などです。

ツイッターでは?

自転車事故を起こしてしまったら?

万が一、自転車事故を起こしてしまったらどうすればいいでしょうか?

①けが人を救護する

けがをした人の救護が最優先です。救急車の手配等迅速にしましょう。救急車が来るまで、できる範囲の救急処置をしましょう。周りにも声掛けをして助けてもらいましょう。

②二次災害を防ぐ

事故が原因で、二次的事故が起きないように、障害物などがあれば道路から取り除きましょう。

③警察への連絡・届出

警察の届け出は義務です。保険請求する場合も事故証明書が必要になります。必ずしましょう。

④相手方の情報を確認

相手の名前、住所、連絡先をメモしましょう。事故発生時間、場所、状況もメモしましょう。

⑤保険会社の担当者(代理店)に連絡

保険がついているかわからないときでも連絡しましょう。補償が現在加入内容で効くかどうか確認してもらいましょう。事故の詳細を報告し、事故の対応をしてもらいましょう。

まとめ

無駄なく安心して生活できるように、信頼のおける保険代理店、保険会社にご相談されることをお勧めします。こんなに安い保険料で大きな補償を得られて、安心できご自身、家族も守れます。

日常生活賠償保険特約」の補償の範囲は、「記名被保険者と同居の親族また別居の未婚の子」となっています。実家を離れて学校に行っている子供も対象になります。

ぜひ、これを読んで不安になった方はすぐにでも問い合わせることをお勧めします。保険商品に関しましては、保険会社のパンフレット、保険代理店などに十分確認の上検討してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。