黒い服は暑いって本当?紫外線対策と白いシミの落とし方・洗い方は?

黒い服は暑いって本当?紫外線対策と白いシミの落とし方・洗い方は?

暑い季節には自然と黒い服を避けますが、やはり黒い服が暑いというイメージがあるからでしょうか?

白い服が多くなるのも仕方のないこと?

紫外線が強くなる時期には、黒い服と白い服はどちらがいいのでしょうか?

意外と知らないことが多い黒い服と白い服の特徴を調べてみました。

黒い服は本当に暑いのか?白い服との違いは?

黒い服が暑いと言われる理由は、黒色が光を吸収するために温度が上がり暑く感じることにあります。

逆に白い服は、光を反射するために温度が上がりにくくなり、黒い服と比べ暑くなりにくいです。

しかし、日焼け防止となると、全く逆の結果になっていまします。

それはどういうことなのでしょうか?

紫外線防止効果が高いのは、白い服と黒い服どっち?

日傘で多いのは、黒色などの色の濃い色のものが多いと思います。白い日傘でも内側に黒い幕が張ってあると思います

それは、黒色には紫外線を防止する効果があるからです

紫外線防止効果が高い服は黒い服であることがわかりますね日焼けをしたくない人は、黒い服を着ることをおすすめします

黒い服を着た上に、知り服を羽織るのがベストかもしれませんね

でも、重ね着になって暑くなってしまいますかね?

中東の暑いところに住んでいる方は、皮膚が出ないように黒い服で覆いますが、かえって涼しいと言いますが、肌がじりじり焼けるくらい暑い時には、袖の長い皮膚が見えないような黒い服がいいのかもしれませんね。

涼しく過ごしたい方は、白い服を着た方がいいということになりますが、日焼けが気になってしまいますね

日焼け止めクリームを塗って白い服を着るしかないのかな?

黒い服も白い服もケースバイケースで、TPOに合わせて着るのが正解でしょうか。

白い服と黒い服を着こなせる人がオシャレだと聞いたことがありますが、確かにそうかもしれませんね。

シンプルな色だけに着こなすのは、難しいのかもしれません。

黒い服の白いシミの落とし方とは?洗い方は?

白いシミの落とし方

ハンガーの「スポンジカバー」で白いシミの部分を優しくこすると消えます

服によっては繊維に傷つけることがあるので、力をあまり入れないでこすることが大事です

白シミの落とし方ですのでお気を付けください。

色褪せしない洗い方

  • 着用後に放置せずなるべく早く洗う
  • 直射日光を避けて風通しの良い場所で陰干しする

夏場の汗を多く含んだ洗濯物はなるべく早く洗うのが基本です。

帰ってすぐに着替えて選択するのがベストですが、なかなかそうはいかない時もありますよね。

洗濯するときに溶かした塩水を入れて洗うと、染料が水に溶けだすのを防ぎます。

お気に入りの服が色褪せすると悲しくなるので、溶かした塩水を入れて選択することをおすすめします。

簡単な方法は、色褪せ防止用の洗剤が出ているので、そちらを使うと手間がかからないと思います。

使ってみるのもいいかもしれませんね。

ツイッターでは?

 

まとめ

私も黒い服が好きなのですが、夏は汗で服に汗シミが出ないかとか気になってしまします。

通気性の良い黒い服を着るようにしていますが、色褪せなど気になることが多いのも事実です。

対策もあるので、正しい知識を持って好きな服を着こなせれば、安心してファッションを楽しめますね

黒い服を涼しそうに着こなしている人もカッコいいと思います。すいません。個人的見解です。

白い服と黒い服をコーディネートして着こなしている人は、やはり目に留まりますね

どういう着こなししているのか、つい見てしまいます。みなさんはいかがですか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。