【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】3DCGで映画化!公開日は?監督は?

1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計出荷・ダウンロード販売本数7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。

プレイヤー自身がゲームの主人公となり、世界を脅かす魔王を倒すために壮大な冒険物語を紐解いていくRPG本シリーズは、堀井雄二氏による画期的なシナリオとゲームデザインが話題を呼ぶ人気が高いゲームです。

スクエア・エニックスは、3DCGアニメーション映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を8月2日に全国東映系で公開することを発表しました。

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のストーリー(内容)は?

ドラゴンクエストは、現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中でも、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」(1992年発売)です。

そのストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴(『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』、『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』監督・脚本など)!が総監督・脚本を手掛け、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリーとして、この夏スクリーンに登場します!

このキャラクターたちが、3GCGアニメでどのように生まれ変わった姿を見せてくれるかとても楽しみです。

3DCGのドラえもん

この画像をみれば、早くドラゴンクエストのキャラクターの3DCGが見たくなる気持ちもわかるとおもいます。待ち遠しいですね。

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の監督、スタッフは?

監督には八木竜一(『friends もののけ島のナキ』、『STAND BY ME ドラえもん』監督)と花房真(『STAND BY ME ドラえもん』アートディレクター)が決定。

そして本作の原作・監修を務めるのは、ドラゴンクエストの生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二!

音楽は、、ドラゴンクエスト人気を支えてきたすぎやまこういちの音楽を使用! まさに夢のスタッフがパーティを組んで、伝説的名作に新たな生命を吹き込みます。

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の裏話

4年前にこの映画のオファーを受けていた山崎総監督が、ゲームの映画化は無理だと断っていたそうです。

制作側の熱いアプローチにこたえ3年半前から制作を開始し、原作者の堀井雄二氏が山崎総監督の過去の映画を見て感動し今回のチームとなったそうです。

「映画とゲームでは違っている部分もあるけれど、それがこの『ユア・ストーリー』というタイトルにハマっていると思います」と堀井氏も話しています。

「「ドラゴンクエストV」の中には人生そのものが描かれています。ですから僕はこの作品を青春映画にしたいと思っています。この映画をきっかけにゲームに触れて頂く。そんな“ドラゴンクエストワールドへの入り口”の役目も果たせたら嬉しいです(山崎)」と語るなど、両名共この映画に懸ける意気込みが伝わってきます。

公開日は8月2日に決定!

3DCGアニメーション映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を8月2日に全国東映系で公開することを発表しました。

SNSでの盛り上がりは?

まとめ

ネットでも熱く盛り上がっているようですね。

3DCGのドラえもんを見た時、あまりのきれいな映像に驚かされたのを覚えています。アニメでこれだけのものが作れるなら、俳優さんいらなくなるかもと思ったくらいでした。

とにかく早く映像がみたいですね。予告編など映像が公開されたらアップします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。