3年A組映画化決定!?最終回で真相は?真相は闇の中?映画で解明?

今話題の「3年A組」は、映画化決定で真相が最終回で判明しないのでは?という噂が流れています。

これが真実だとすると、最終回放送後、ネットで炎上騒ぎになるのは間違いないでしょう。

第9話の視聴率は、第8回の視聴率12.0%を超え12.4%となり、今期ナンバーワンの注目ドラマにふさわしい結果を残しました。

第9話の放送もまた、謎が多く最終回が待ちきれないとの声がネットでも多くなっています。

3年A組、映画化決定!?

「3年A組」の映画化が決定したという話があります。

脚本は、武藤将吾氏によるオリジナルのため、内容はどうとでも変更できる。そのために、ドラマで謎は解き明かされないまま終わり、映画で解明するように急きょ書き換えられたといいます。

今回の視聴率も前回より良かったことや、視聴者の人気も高いことから、映画化すれば多額の興行収入が期待できます。

視聴者からのバッシングも覚悟の上で映画化で謎の解明となる可能性が高くなっています。

(引用元 エンタMEGA)

3年A組の映画化、信ぴょう性と映画への仕掛け!

映画の公開時期は未定であるらしい。しかし、待っている間に視聴者が離れないような仕掛けが用意されているといいます。

その仕掛けとは?

大手出版社でのコミカライズ(漫画化)も決まっているようです。それに加えドラマの特番をはさみ、日テレが展開している「hulu(フール―)」でも、総集編を配信し、映画化に向け盛り上げていくようです。

その間、視聴者は謎が解決しない悶々とした気持ちで、映画公開まで待たなければならないようです。

ドラマを見逃した人たちまで取り込む仕掛けができている様子を聞くと、映画化はもっともらしいというか確信に近いですね。

3年A組第9話の口パクは?

景山を殺した本当の犯人は「・・・・・・・」(口パク)

事件起こして生徒を監禁した理由は「・・・・・・」(口パク)

この2つが事件の謎を解く大きなカギになるのでしょう。編集で大事なところは生徒たちの顔を映し、口パクの全容はよくわかりませんでした。

読唇術ができれば、多少は読み取れるのかもしれませんが、ずっと口元を映しているわけではないので、よくわかりませんが。

いずれにしても、最終回に持ち越された謎の解明がどこまであるのでしょうか?

映画化があるとすれば、口パクの2つの内の1つだけ解明するということがありうるのかもしれません

3年A組、最終回で真相解明?

これまでの流れからすると、どうも最終回で真相解明ができるとはとても思えません。

スタート時点から、「hulu」とコラボしていることからも、最終回で謎を残したまま、特番、huluで総集編の放送、さらにファン層を広げ、映画上映という流れが理にかなっているように思えます。

当初からこのドラマが成功すれば、この筋書きができていたのでは?とさえ思います。

さあ、実際はどうでしょう?最終回まで待たないとわからないですね。これも謎です。

3年A組映画化についてSNSでは?

SNS上では、映画化がある、ない両方の意見がありますね。一番いいのは、謎が全て解明後、さらに映画かなり特番があればベストですね。

どうなることやら…

まとめ

これだけ人気のドラマですから、どんな意見にも賛否両論が沸き上がるのは当然だと思います。

それだけみんなこのドラマに思い入れあるからだと思います。

一颯の授業での言葉が聞けなくなるのは寂しいですね。心打たれる内容で毎回感動していました

まだまだ見たいっていうのが本音です。見れなくなるのは寂しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。