「嵐」絆は続く!5年後に再始動約束!ホテルでマル秘会議。復活は2023年!

嵐の休止前に大野智は都内のホテルで秘密会合を行っていたそうです。

その時に大野智はメンバーに5人の未来を。それは、メンバーの絆をあらわす約束をしたらしいのです。

メンバーとスタッフと集まることもあったそうですが、5人だけ集まる時間は本音で語り合える場となっていました。

そこで大野智がメンバーに約束を交わした

「嵐は、これで終わりじゃない!絶対また戻ってくる」

2018年1月ごろから月1回のペースで、5人だけで集まる密会が行われていたそうです。

5年後再始動!それは2013年!「嵐」の絆!

ことの発端は2017年の6月に大野智がメンバーに「2020年を区切りに活動を休止したい」と話したと言われます。

このことをきっかけに、メンバー全員で幾度となく密会して話し合ってきたそうです。

売れない不遇の時代から、どうすれば良いかなどメンバーみんなで相談してきた仲間だからこそ絆があるのでしょう。

大野智が会見で話した「たとえば3年くらい1回やめたいなって、そんな都合にいい話はないと思っていた」内容が重要で、3年後は2023年、その翌年は嵐結成25周年目にあたる。

5年後の25周年目に復活するプランが一番現実味があると思われます。

背景には、メンバーそれぞれの想いが。

メンバーの二宮は、映画「硫黄島からの手紙」に出演し、俳優としての演技が認められ、二宮自身ももっと俳優業がしたいという願望があります。

松本は、舞台やドラマで活動の幅を広げ、もっと出演したいと意欲を燃やし、「プロデューサー業にも挑戦してみたい」と周囲に話していたそうです。

櫻井は、「news zero」でのキャスター業に重点をおいて、仕事のオファーも来ているそうです。

相葉は、バラエティ出演を増やし、スポーツキャスターもやりたいとの思いがあるそうです。

メンバーみんないろんな想いを持ちながら、嵐の活動を優先し、自分のやりたいことをセーブしながらここまでやってきました。

リーダーの大野が打ち明けたことで、みんなにとって良い機会だったのかもしれませんね。

このまま突っ走っていたら、空中分解の可能性もでてきたかも?

嵐には、これまでつちかった強い絆があります。

その絆があるからこそ、復活が2023年という現実化をおびた話が出てくるのだと思います。

ファンの間で復活の話は?

まとめ

ファンの間でも、大野智が語った3年後に違いないと思っている、または期待しているファンが多いですね。

最高のタイミングが2023年であることには、間違いないと思います。

少しでも早い方がいいですが。首を長くして待ちましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。