GACKT「1000万が2億に」仮想通貨で違法営業!音声流出でどうなる?

主演映画の「飛んで埼玉」が大ヒット中のGACKT(45)は、仮想通貨「スピンドル」への関与を巡って、資金決済法違反(無登録営業)の疑いがあることが、「週刊文春」が入手した音声データでわかりました。

何がどう問題なのか解説します。

GACKT、音声流出でピンチ?

2017年11月4日「インターコンチネンタルホテル大阪」28階のクラブラウンジで行われた仮想通貨スピンドルの商談会。

仮想通貨業者の「ブラックスター」は、当時スピンドルを発行し、仮想通貨を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)ビジネスを手掛けていたが、2017年10月27日には、金融庁がICOには、価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていたばかりでした。

商談会に集まった10数人の出資者候補を前に、ダメージジーンズにブーツを合わせ、サングラス姿で登場したGACKT。参加者からの質問に答えていく。

――(ブラックスターの)社長と知り合いなの?

僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています

――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね……

「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。1月か2月以降は言えないって。今は言える。ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。この2年間で急にお金を持っちゃって。ただ、馬から車に変わる時代なので」

終始、スピンドルの魅力を訴えるGACKT。商談会は約2時間に及んだという。

(引用元:文春オンライン)

ブラックスター広報担当者

「いかなる投資においてもある程度のリスクが生じますので、ご購入いただきました投資家の皆様においてはそれをご承知のうえでこのプロジェクトにご参加いただいております。

また、我々もそれを超えるリスクを投資するご本人の意思を超えて無理強いをするようなことはいたしません。

2018年5月21日に仮想通貨取引所にリスティング(上場)されるまでは、そもそもスピンドルは、(ビットコインなどの1号仮想通貨と交換可能な)2号仮想通貨への該当はしないと考えております。

また併せて資金決済法にも抵触するものではないと考えております」

GACKTの音声流出の問題点とは?

仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要になります。ブラックスターは登録をしていません。

【ブラックスター側の主張】

スピンドルは「他人に譲渡することを原則禁止しており、2号仮想通貨ではないため(無登録でも)国内販売できる」としています。

【一方GACKTさんは】

上場可能性を前提として「お好きなところで売ってもらえれば」と話し、他人に譲渡することを禁止としているブラックスターの説明と矛盾しています。

他人に譲渡できないプログラムの設計になっていなければ、規約等で譲渡を禁止しても2号仮想通貨にあたるというのが実務上の解釈です。

そうなると、スピンドルは2号仮想通貨となり、資金決済法(無登録営業)に違反する可能性があるそうです

音声流出で違法営業が明らかになれば、きちんとした対応が求められます。

文春の問い合わせに対してもGACKTさん本人からの返答はないとのこと。GACKTさんの事務所もプライベートのことなので把握していないとのことです。

週刊文春デジタルで明らかになる内容とは?

明らかにされる内容とは?

  1. GACKTさんの営業トークの詳細
  2. スピンドルをめぐる野田聖子総務相(当時)との関係
  3. スピンドルに出資した被害者の声
  4. 金融庁の見解

以上が、放送される内容となっています。

ネットでは?

まとめ

事実確認が先ですが、事実だつすればかなりグレーな話なのでイメージは悪くなりますね。

被害者がいるだけに、すんなりと解決とはいかないでしょう。今後の対応次第ではどうなるかわかりませんね。

28日(木)朝5時に週刊文春デジタルで音声データが公表されます。ワイドショーの対応も見ものですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。