萩原健一(ショーケン)さん死去!死因は?妻は誰?

俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが26日、亡くなっていたことが28日、分かった。68歳。萩原さんは1967年、「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして、16歳でデビュー。

ドラマ「傷だらけの天使」など俳優として圧倒的カリスマ性を発揮。“永遠の不良”と呼ばれた。嵐のように生きた生涯に幕が下ろされた。

(引用元:デイリー)

萩原健一(ショーケン)さんの最近は?死因は?

最近の活動は?

昨年7月にはラグビーをテーマにしたNHKドラマ「不惑のスクラム」の収録に参加しました。

同11月に放送されたTBS系「歌のゴールデンヒット」では堺正章と共演し、グループサウンズのレジェンド2人の共演が話題を集めたばかりでした。

私生活では、80年に結婚をし、84年に離婚した女優・いしだあゆみさんらと、過去3度離婚を繰り返し、2011年2月に、モデルの冨田リカ(57)と4度目の結婚をしました。

死因は何?

消化管間質腫瘍という病気で都内の病院で亡くなられたそうです。

ご本人は、昨年11月までテレビに出ていましたが、病気のことはご存じだったのでしょうか?

これから少しずつ分かってくると思いますが…

萩原健一(ショーケン)さんの奥さんは?

萩原健一さんの奥さんは、モデルの冨田リカ(57)です。

14年8月のイベントでは「家内に会った瞬間から、全ての過去は忘れました」と24時間ほとんど一緒に過ごしていることなどを明かし、15年11月のインタビューでは「僕は家内と出会っていなければ死んでいたんじゃないかな。彼女と結婚して本当に人生が変わった」と最愛の妻との生活を語っていた。

恋人つなぎで会見場に現れたり、ラブラブな様子を周囲に見せていました。「今まではジェットコースターのような人生だったけど、今はメリーゴーラウンドのようだね」「愛してます」と穏やかな笑顔で話をしていました。

(引用元:デイリー)

ラブラブな写真からもわかります。人生の最後に最愛の妻に出会えたのは本当に良かったですね。

萩原健一さんの過去は?

萩原健一さんは、83年大麻取締法違反(所持)で逮捕。84年に飲酒運転で人身事故を起こし、逮捕。2004年10月にも人身事故を起こして逮捕され、謹慎しました。

萩原健一さんも自分で、「嵐のように激しく生きてきた」と語っていました。

05年には降板した主演映画の出演料をめぐるトラブルにより、恐喝未遂容疑で逮捕。同6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、事実上活動を休止しました。

ネットでは?

まとめ

ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品にたずさわってきた萩原健一さん。存在感抜群の演技でファンも多かっただけに悲しんでいる人も多くいると思います。

ご冥福をお祈りします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。