今泉佑唯は、陰湿いじめにあっていた!?5人の犯人は誰なのか?

元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかりました。

いじめた犯人とせれるその5人のメンバーは誰なのでしょうか?

調べてみました。

欅坂46のメンバーでのトラブルは?

今泉佑唯の実兄の話によると、ファンの間で平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との間の不仲説があったそうですが、実際には二人とも良き相談相手だったそうです。

その様子をみていた平手さんを崇拝する取り巻きのメンバー5人が、今泉佑唯さんが注目されるのが許せなかったようで、そのことでいじめにつながったようです。

よくある流れのいじめですね。ねたみ、しょのみ、ひがみなど、どうでもよいことで争って何になるのでしょうね。

いじめの犯人の5人は誰?

いじめの主犯格とされるのは5人とされています。

今泉さんは、2017年4月13日、体調不良を理由にグループ活動を一時休止し、8月には復帰したものの2018年にグループを卒業しました。

いじめは、2017年の復帰から2018年に卒業するまでの約1年半も続いていたそうです。

 

そのいじめの犯人を調べてみました。

ツイートに次のようなものがありました。

実のお兄さんが志田さんは違うとおっしゃっていましたので、正確ではないかもしれませんね

確証のある話ではありまっせんが、今後犯人探しが始まるでしょうね。

事務所の対応は?

今泉さんのお兄さんの話によると、

「運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査をして、イジメがあったことを認めているんです。『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。

シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」

今泉さんは自殺を考えることもあったといいます。心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された。

結果、今泉は卒業を決意しました。

だが、運営側はイジメの事実隠蔽に血道を上げ、関係者から元メンバーにまで箝口令を敷いたというのです。

 

どこかで見た構図とよく似ていませんか?なぜ隠ぺいするのでしょうか?あれだけのメンバーがいてトラブルがないなんて誰も思っていないと思います。

みんな仲間であり、ライバルです。芸能界で残っていくためには、し烈な競争に勝たなくてはならないのですから。

ネットでは?

まとめ

いじめというか仕事で集まった仲間でのトラブルで今回の内容は、ハラスメント、パワハラですよね。

学生のファンも多い欅坂46ですので、こういう陰湿ないじめがあったという話はファンも聞いてよい気持ちはしませんよね。

いじめという無駄なことに時間を割く暇があったら、自分のスキルアップに力を入れるべきでしょう

吉田侑生さんの気持ちを考えると、苦しくて夜も眠れなかったでしょう。力になってくれる仲の良い兄弟がいて本当に良かったですね。

吉田侑生さんには、前向きにこれからも頑張って欲しいです。応援しています

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。