キンプリ「岩橋」活動休止!パニック再発。新曲「君を待ってる」延期!

「King & Prince」の岩橋玄樹(22)が、3月20日発売の新曲「君を待ってる」から復帰し、段階的に活動を始めることが発表されました。

2月17日(日)にマスコミ各社にFAXされた内容には、岩橋玄樹さんのコメントが

「活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しております。徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています」

とありました。

段階的に仕事をすることで「パニック障害」の改善にも良いと判断されたことが、今回の復活になったようです。

2月28日の今日、病気が再発したとのことで新曲の「君を待っている」の発売日を3月20日から4月3日に延期しました。

キンプリ「岩橋」当面は、制限付きの復帰

パニック障害とは

パニック障害は、100人に1人が発症すると言われています。

パニック発作」「予期不安」「広場恐怖症」を三大症状としています。

NHK「クローズアップ現代」でも中川家の兄・剛さんがパニック障害の症状を語っていましたが、エレベーターの中などの、狭い空間でもパニック障害の症状がでるので、怖くてなかなかエレベーターに乗れなかったとおっしゃっていました。

今日はエレベーターを2階まで、明日は3階までと段階的にクリアしていくことで、徐々に改善してきたとも話されていました。

岩橋さんも、段階的にステップアップしていくことで、ひとつひとつ問題を克服し、自信がついて安心していけば改善していくと思いますね。

主なパニック障害の引き金は、過労、睡眠不足、ストレス、風邪などがあります。

岩橋さんも、仕事のプレッシャーなどのストレスや睡眠不足。過労などが原因だったのでしょうね。

あせらず、ゆっくりまわりも期待してストレスと合わせて与えないようにすることが大切ですね。

キンプリ、岩橋の症状は?

2月下旬に再びパニック障害の症状が出て、医師から入院加療が適切との診断を受け今回の発表となりました。

3月20日発売予定だった「君を待ってる」は、レコーディングやミュージック、ビデオ撮影やジャケット撮影は終わっているそうです。

今後は岩橋の休止を踏まえ、5人で活動し、岩橋を除いたメンバーで再録や撮り直しをおコマうそうです。

やはり、パニック障害は時間をかけてゆっくり治す必要があることがよくわかりました。

今回の件も、これくらいすると症状が出るとわかった分だけ、再起に向けては良かったのかもしれません。

いずれにしても、気長にゆっくり待つことが大事ですね。

キンプリ「岩橋」復活をTwittwerでは?

 

キンプリ、紅白で岩橋に優しい気づかい!

「紅白」でもキンプリに岩橋がいた!?

昨年11月28日の「ベストアーティスト2018」(日本テレビ系)と「第69回NHK紅白歌合戦」(NHK)で、岩橋の立ち位置である平野紫耀と高橋海人の間は、あたかも岩橋がその場にいるかのように空けられていました。

岩橋は、紅白出演後にメンバーに「一緒に出演させてくれてありがとう」と連絡をしたそうです。

グループのデビューは「一生を誓うようなもの」

フジテレビ系「RIDE ON TIME」で4週にわたってキンプリに密着したドキュメンタリー番組で、リーダーの岸勇太は、グループがデビュすることについて

「一生を誓うようなもの」

「結婚とおなじようなもの」

と語っていました。

今回の復活の3月20日に新曲がでますが、この曲のタイトルも、岩橋さんにあてたものだろうと思われますね。

メンバーの岩橋さんに対する優しさが伝わります。

新曲「君を待ってる」

まとめ

パニック障害の診断を受ける人が、この15年で9倍に急増しているそうです。

身近な病気になりつつあるこの病気は、決して他人事ではないですね。

岩橋さんには、ゆっくりあせらず活動して欲しいですね。完全復活までゆっくり待ちましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。