大奥最終章!ネタバレ!木村文乃&大沢たかお&鈴木保奈美が主演!

フジテレビ開局60周年特別企画となるスペシャルドラマ「大奥 最終章」が3月25日オンエアされます。

本シリーズは2003年に放送された菅野美穂主演の連続ドラマを皮切りに、松下由樹、内山理名の主演によるドラマシリーズが放送され、2006年には仲間由紀恵主演の映画版も公開されてきました。

その後も深田恭子、沢尻エリカ主演で続いてきた一大シリーズとなった大人気の「大奥」

華やかな衣装と豪華な女優さんの共演で注目されてきただけに、今回はさらにフジテレビ60周年記念ということで期待は最高潮に。

とても楽しみですね。

大奥最終章!ネタバレ、キャスト!

舞台は、「暴れん坊将軍」徳川吉宗の時代

徳川家の基盤を立て直した吉宗を陰ながら支えてきた側室・久免(くめ)の半生を描く家族がテーマの物語です。

吉宗の将軍就任の裏では第6代将軍・家宣の正室・天英院や、家継の生母・月光院など、大奥の女たちの愛憎に満ちた様々な思惑が働いており、吉宗が歴代徳川将軍の中でも屈指の名君となったのは内助の功を貫き通した側室・久免(くめ)の存在があったからこそ。

側室・久免役は木村文乃さんが、吉宗役を大沢たかおさん。

第6代将軍・徳川家宣の側室であり、第7代将軍・徳川家継の生母・月光院(お喜世)には小池栄子。

綱吉の養女となり大奥に迎えられたが、それゆえ吉宗とのかなわぬ恋に落ちる権大納言と清閑寺熈定の娘・竹姫に浜辺美波。

大奥総取締・高瀬に南野陽子、吉宗に恋心を抱く女中・多喜に岸井ゆきの、穏やかで優しい性格の吉宗の生母・浄円院に松坂慶子、再び大奥内の覇権を握るため徳川吉通を毒殺、姪・安己姫の許嫁の継友を尾張藩主に仕立て上げる家宣の正室・天英院に鈴木保奈美といったそうそうたるキャスト。

大奥最終章!吉宗の妻・久免の生涯とは?

久免は、紀州藩の下級武士の娘でした。

吉宗は、公家出身の病弱だった正室・理子と死別をし、のちに吉宗の生母・上円院付きの女中だった久免を側室に迎え、素朴で優しい人柄の久免を深く愛しました。

吉宗には、亡くなった側室3人と間にひとりずつ、3人の子供がいました。長福丸(ながとみまる)、小次郎、小五郎の3人です。

久免は、なさぬ仲の3人の子供たちを自分の子供のように愛し、吉宗と浄円院とともになかむつまじい暮らしが続くと考えていました。

吉宗の高い能力を紀州藩で終わらせるにはもったいないと、8代将軍に推挙すると江戸城からの命があり、久免は大奥に移ることに不安を感じていました。

大奥には、吉宗を誘惑しようとしのぎを削る女性たちが1000人もいて、久免の不安も増していくのでした。

この大奥から、吉宗と3人の子供たちを守ることができるのでしょうか?

ツイッターでの反応は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。