ピエール瀧容疑者、自宅3.7億円と高級車失うのか?賠償金で。ブチ切れ警察沙汰も。

麻薬取締法違反(コカイン使用)容疑で12日に逮捕されたピエール瀧容疑者(51)は、今後多額の損害賠償を請求される可能性kがあります。

その賠償額は10億円超と報じるところもあれば20~30億円で過去最高額に上るのではと報じるところもあります。

過去の例から、少なくとも最低で10億円以上の賠償金の覚悟はいるでしょう。

賠償金の支払い方法はどうなるのでしょうか?

ピエール瀧容疑者の自宅と高級車はどうなる?

ピエール瀧容疑者の資産は?

ピエール瀧容疑者には、世田谷にある自宅3.7億円と高級自動車のジャガーとキャデラック、預貯金の資産があるといわれています。

言われている賠償金からすれば、到底足りるとは思えません

賠償金の支払い方法は?

このような事件の場合、本人だけでは賠償金に支払いが困難なため、事務所と一緒に支払う形が多いようです。

今後、事件の解明が進み、執行猶予の判決が出ても、リスクが高いため仕事のオファーは来ないでしょう。

働きながらの返済は、本人の生活だけで大変になるので無理でしょう。となれば、事務所が今後返済を続けていく形になるでしょう。

財産を清算して返済するのか?

今後の話し合いで詳細を決めていくことでしょうが、当の本人が何もしないというわけには行かいので財産を処分して返済するのは避けられないでしょう。

ピエール瀧容疑者は、家族の信頼、仕事の信頼、ファンの信頼、築き上げた財産他全てを失うことになるでしょう。

こうなることがわからないわけではないのに、やめられない麻薬は怖いですね。

ピエール瀧容疑者は、警察沙汰のトラブルも。

ピエール瀧容疑者については、近隣の方々の意見も二分しているようです

挨拶もきちんとされるし、おかしな言動は見たことがないといわれる方がいる一方、ピエール瀧容疑者の自宅敷地内に許可もなく止めてあった自転車の件で、警察沙汰になったことがあるそうだ

ピエール瀧容疑者が、敷地内に無断で止めてあった自転車を無断で没収し、自転車の所有者が返してくださいといっても応じてもらえなかったことが原因で警察沙汰になったそうです。

一度スイッチが入ると怖いとの話も。警察沙汰になったときには、警察が来て静かになったそうですが。

これも薬のせいなのでしょうか?麻薬問題があると、すべての出来事がこうやって結び付けられてしまうのも仕方のないことであありますが。

ピエール瀧容疑者の逮捕の瞬間の新事実!

12日の18時ころ、厚生労働省の麻薬取締部が自宅捜査に入った際、奥様も娘さんも自宅でくつろいでいたことがわかりました。

娘さんもいっしょにいたことで、娘さんのショックも大きかったと思います。何が起こっているかもわからない状況だったでしょう。

自宅でコカインをしていると確証があったから、このタイミングで捜査に入ったと思われます。

自宅でコカインをしていたことが、中毒性の怖さを物語っているのかなと思います。

ネットでは?

まとめ

ネットでは、今回の事件で作品が葬られてしまうことを嘆いている人が大半でした。

今後もこのようなことが無くなることはないでしょう。だからこそ、真剣に一度議論して会社としての方針とかを明確にして欲しいと思います。

そのたびに振り回されるファンの気持ちも考えてほしいものです

【関連記事】

良かったら、ご覧になってください。

石野卓球の発言に救われた?瀧被告から感謝。悪ふざけ?ジョーク?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。