ピエール瀧容疑者、麻薬はいつから?常習の証拠!大麻も。家族は今後どうなる?

12日に厚生労働省の麻薬取締部の捜査によって、逮捕されたピエール瀧(51)容疑者にあらたな情報が出てきました。

取り調べの中で、「20代のころからコカインや大麻を摂取した」と供述していることがわかりました。

20年以上にわたって、常習的に薬物使用をしていたことになります

仕事が多忙で麻薬に手を出す人もいるので、ピエール瀧容疑者もそういったパターンなのかと思っていたのですが驚きました。

売れる前から、しかも20代のころからというのは・・・薬物に手を出すと、その事実を隠すために必死でなかなか心が休まらないともいいます。

自宅で使用となると、家族の目もあります。長期にわたって秘密を隠すことは大変だったと思います。

そうまでして、麻薬を続けたいとする中毒性の怖さをあらためて感じます。

ピエール瀧容疑者、常習の証拠!

映画の舞台あいさつで、ピエール瀧容疑者だけが額にびっしり汗をかいている姿が、麻薬常習者にはよく見られる症状だというのです

麻薬中毒者は、急に汗っかきになったりすることがあるそうです。見る人が見ればわかるのかもしれませんが、舞台のライトで暑かったのかな?緊張していたのかな?くらいしか私たちには見えませんよね。

今となれば、そういう事だったのかってことですが。

ピエール瀧容疑者の家族は、今後どうなる?

逮捕されたピエール瀧容疑者ですが、今後捜査が進み起訴され裁判になっても、初犯で執行猶予判決が出るのが濃厚です。

一定期間治療のため病院に入院する可能性もありますが、その後に待っているのは、賠償金の交渉です。

賠償金の額は20~30億円になるのでは?といわれていますが、最低でも10億円超になるだろうといわれています。

事務所との折半での返済になると思われますが、割合等については事務所との協議になって来るでしょう。

ピエール瀧容疑者の資産で返済するとしても、世田谷の自宅が3.7億円の価値があるといわれています。高級車2台、キャデラックとジャガーを所有しているといわれます。

その他預貯金で返済することになると思われますが、10億円には程遠いですね

全ての財産を処分後、ゼロからの出直しになりそうです。

薬物は恐ろしいですね。何度もやめるチャンスはあったはずです。それでもやめることができない中毒の怖さ。全てを失う怖さ。自分だけは大丈夫だと思うのでしょうか?

自分の愚行で家族につらい思いをさせているピエール瀧容疑者ですが、家族思いであることも知られています

今度こそ、家族のために立ち直ってやり直す姿を見せてほしいものです。

ネットでは?

まとめ

これだけ長期間麻薬を使用していたとは驚きました。

作品自体には罪がないという意見も多く署名活動も始まっています。今後議論を重ねていく必要があると思います。

自らお金を出して買う商品について、規制を掛けられるのはどうかと思います。売られているもの自体は問題ないのですから。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。