ピエール瀧被告、おでん店2号店がとん挫。今後どうなる?

ピエール瀧被告が4月に開店準備をしていたおでん屋の2号店が、どうやら閉店という話が入ってきました。

1号店は中目黒に会って店の名は「ホームラン」。事件後、マスコミが殺到したため、一時閉めていたそうです。

さすがに客足が遠のいているとのことで、常連客からは閉店するとの話も聞いたそうです。

やはり世間の目は厳しいようですね。

ピエール瀧被告のおでん屋、2号店はどこ?

ピエール瀧被告は、妻と一緒にする店の開店準備を逮捕前していたそうですが、場所を探すのに1年くらいかかってやっと見つけたそうです。

その店が4月開店ということで準備を進めていました。その2号店が、ピエール瀧被告の逮捕で当初は、店の名義を妻名義にして、店の名前も変えてするとの報道がありました

これだけ世間の注目を浴びた事件ですから、1号店の経営も難しくなっている現状では、2号店が難しいということになったのではないでしょうか?

4月9日になって、2号店閉店の情報が入ってきました。

2号店の場所は、自宅近くで探していたということから世田谷区でオープンする計画だったのでしょう。

ピエール瀧被告の今後は?

ピエール瀧被告の裁判は、ゴールデンウィーク開けの6月くらいではないか?と言われています。裁判官の人事異動などもあるので大体それくらいの時期ではないかと言われています。

それまで、保釈中のピエール瀧被告は、病院に入院して治療をすることになるでしょう。これからが、本当に苦しい再起へのスタートとなります。

判決は、懲役1~2年、執行猶予3年くらいの判決になるのではないかと言われています。

その後の治療と社会復帰、それに加え、損害賠償金の返済があります。

唯一の収入減と目されていたおでん屋が立ち行かなるとますます苦しくなってきます。

今後、ピエール瀧被告はどのようにしていくのでしょうか?出所後も大きな問題が山積しています。

まとめ

思っていた以上に世間の目は厳しかったようです。1号店は人気の店で、常連客も多くいたそうです。

社会復帰の道は険しいですが、これを乗り切ってまた役者として必要とされるようになって、また私たちの前に姿を見せてくれれば、覚せい剤で苦しむ人たちの目標となると思います。

是非、頑張って欲しいですね。

【ピエール瀧被告関連記事】

よかったら参考に読んでいただけたら、嬉しいです。

① ピエール瀧、賠償金10億超?自宅で外国紙幣で吸引。娘さんのショックは?

② ピエール瀧容疑者、自宅3.7億円と高級車失うのか?賠償金で。ブチ切れ警察沙汰も

③ ピエール瀧容疑者、麻薬はいつから?常習の証拠!大麻も。家族は今後どうなる?

④ 大河「いだてん」代役三宅弘城に決定!ピエール瀧容疑者出演シーン撮り直しへ!撮影費膨大!

⑤ ピエール瀧容疑者、妻との飲食店経営の夢どうなる?賠償金支払で自宅売却も。

⑥ ピエール瀧の店オープンへ。店の名は?オーナーは誰がする?

⑦ ピエール瀧被告を事務所が解雇!起訴を受けて。今後どうする?

⑧ ピエール瀧被告、保釈決定!保証金はいくら?今後はどうなる?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。