元号は何のためにあるのか?元号の意味は?存在意義!

2019年4月1日、待ちにまった新元号が発表され、「令和」に決まりました。

平成があと1か月弱になり寂しい気持ちにもなりますが、新元号「令和」と発表され人気も高く気持ちが高揚してきます。

「令和」関連のグッズも人気で、景気も刺激する材料になっています。

元号は何のためにあるのか?

新元号決定にあたって、改めて元号を使う意義を考えさせられました。

考案にあたって、文献を何から引用するか?今の時代に古代中国の文献から言うのも、私たち国民にはピンときません

あらためて元号の意味、存在意義を考えることでより一層「令和」を愛し親しみが増すものとなるでしょう。

 

「平成」の元号決定には、「平和な世の中へ祈りにも似た気持ち」が込められていたのではと思われています。

穏やかで平らかだとそういう願いを込めて作られその通りになったと関係者も言っています。

 

時代の象徴となる元号は、「元号社会の進むべき方向を指し示すもの」が望ましいく、国民が総体として「こうありたい」と願っている願いが集約されるような元号が考えられるなら一番いいとも、元号の考案者の弟子も語っています。

元号は誰のものなのか?

「主権在民」を掲げる現在の憲法の下では、元号は国民のものと言えます。

元号のあり方やその意義を国民全体で共有するには、選定手続きの透明性の確保だけではなく、選定の方法や決定の方法についても今後議論の余地があるでしょう。

「令和」の意味は?

「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」

まとめ

元号は、国民のものだから、「社会のあるべき理想や希望」を込めたものであるべきでしょう。

漢字によって「社会のあるべき理想や希望」をあらわす文化でもあります。この素晴らしい日本の文化を大事にしつつ、元号の意味を理解し理想の社会づくりをしていく必要が私たちにあるでしょう

この機会だからこそ、よく意味を理解し「令和」をさらに愛していきましょう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。