事故死「くだらない死に方」発言に批判!言い方最悪!

3月26日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)2時間スペシャルに出演した元体操選手・田中理恵の発言が物議をかもしています。

番組中「あまり他人に理解されない私のこだわり」というトークテーマの中で、田中理恵さんは独自の思いを語りました。

その内容とは?

事故死は「くだらない死に方」田中理恵さん発言に?

明石家さんまさんに、こだわりを聞かれると

「私、すっごい心配性なんですね」

で、基本的にはもう本当、〝くだらない死に方〟を絶対したくない

と話をし、意味が理解できないさんまさんは、

ごめんなさい。くだらない死に方ってどういう死に方?

と聞くと

「娘ができたので散歩とか行くんですけど、道を歩いてると車が急に来るんじゃないかとか、ガラスが上から割れて落ちるんじゃないかとか…」

と具体例で話をし、あたかも事故死が「くだらない死に方」であるような発言をしてしまった

「青だけど車が来るかもしれないので信号も信用しない」

「上下左右全部気になって仕方ないです」

「どこで何が起きるか分からないので…」

と心配性である側面を披露。

さんまさんも、初めの方は

「気にし過ぎやろけど、まぁいろんな事故があるか」

と理解を示していたさんまも、

「もう家を出るな(笑)」

とあきれていました。

「くだらない死に方」田中理恵さん発言の真意は?

発言内容からも、子供のことを心配する親の気持ちを話したようですが、表現の仕方がまずかったような気がしますね

事故死で死ぬことを望む人なんていません。テレビを見ていた事故死をした家族や友達などがいる方が、この発言を聞いてよい気持ちがしなかったであろうことは想像がつきます

ネットでもこの田中理恵さんの「つまらない死に方」発言について、批判の声が上がっています。

公共の電波での不用意な発言は、いろんな人が見ているテレビでは影響力が大きいので気をつけないといけませんね。

少なくとも、この発言を聞いて心を痛めた人は多くいたと思います。

ツイッターでの反応は?

まとめ

ツイッターでも、表現に仕方が最悪などの意見が多数みられました。発言の仕方を心配する人も。

子供のことを心配するが故の発言だったにしても、表現の仕方が悪いのはだれが聞いてもわかります。番組のフォローの話をするなどしてあげないと、表現方法が稚拙な人は誤解を受けますよね。

自分の発言で人を傷つけることがあるとわからず、発言している本人が一番悪いのですが。子供もいる大人の女性としての発言は、ガッカリしたことは間違いありませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。