元吉本新喜劇女優の山田スミ子さん死去。家政婦は見たにも出演。夫は?

元吉本新喜劇女優の山田スミ子(73)が2月12日になくなっていたことがわかりました。

山田さんは幼いころから宝塚映画の子役として活躍した後、吉本新喜劇に入団。花紀京や岡八郎さんらと共演しました。その後はテレビ、映画で幅広い活躍を見せました。

2年前に母親が98歳で亡くなるまでの10年間にわたり、女優業と介護を両立しました。

母親の他界後、直腸がんと診断されましたが、周囲にはしらせず仕事に取り組んでいたそうです

しかし、今年に入り、急激に体調が悪化し、主治医から「あと2~3か月の命」と宣告されていたそうです。

(引用元:YAHOOニュース スポーツ報知)

山田スミ子さんは、結婚していたの?

山田スミ子さんは、結婚されていないようです。お相手の方の情報は全くありませんでした。

お母さんの介護もひとりでされていたのでしょうね。

山田スミ子さんが吉本新喜劇で見なくなったな?と思っていたら吉本興業をやめていたそうです。

女優としての仕事の幅を広げるために、お辞めになられたのかもしれませんね。

山田スミ子さんについてツイッターでは?

間寛平さんもご存じなかったようですね。

みなさんも吉本新喜劇時代や、テレビに出演されていた様子を思い出し悲しんでいらっしゃるようです。本当に寂しいですね。

最後に

山田スミ子さんは、本当に幅の広い仕事をされる女優さんであったことがよくわかります。子役時代に始まり、吉本新喜劇、テレビ、映画、舞台と何でもこなす女優さんがなくなられたのは悲しいです。

「家政婦は見た」でに存在感は、今でも忘れません。

山田スミ子さんのご冥福をお祈りします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。