後藤真希の不倫裁判はなぜドローに?和解条件の内容と今後の仕事は?

後藤真希の泥沼不倫裁判が和解解決したことがわかりました。

後藤真希の夫・中谷滋博(30)さんが後藤真希と不倫関係を持ったA氏に損害賠償金330万円をせいきゅうしていた裁判です。

6月5日に和解が成立したことがわかりました。

その和解に至るまでの経緯はどうだったのでしょうか?

和解内容も気になるところです。調べてみました。

不倫裁判はなぜドローに?

ご主人の中谷滋博(30)さんの怒りは理解できます。

裁判をして相手に罪を償わせようと行動しましたが、ここにきてなぜ和解したのでしょうか?

それは、どうやら今回の不倫騒動でゴマキの仕事が減ったことが大きくかかわっているようです。

ママたれとして活躍していたゴマキの不倫で、しかも裁判が続いていたらイメージも良くない

さらにイメージダウンが大きくなるのを避けるために、ゴマキの事務所側が御主人を説得していたそうです。

そのような背景があって、和解になったようですね。

では、和解条件の内容はどうなったのでしょうか?

和解条件の内容は?

和解条件の内容は、「お互いに金銭要求はしない」というものだったそうです。

ゴマキの仕事が減って、家族の生活にも影響を及ぼす裁判を早く解決して、普段の生活に戻すことが先決だ田のでしょう。

賢明な判断だと思いますね。気持ち的には、全く納得できないかもしれませんが、妻の行いを受け入れるのも夫の懐の広さを示す良い機会だったのではないでしょうか?

全面対決姿勢の相手であれば、裁判が長引くことは目に見えています

前向きに次に向かって進める決断ができてよかったと思います。

後藤真希の今後の仕事は?

ママタレとして活躍していたゴマキですが、不倫騒動後はそうはいかないでしょう。

需要があるとすれば、不倫騒動ネタでのコメンテーター的な仕事しか想像がつきませんね。

イメージを払しょくするには、時間がかかるでしょう。不倫仮面になる?それはないですね。

まとめ

泥沼不倫裁判を和解できて良かったですね

マイナスの方向に力を使うよりは、前向き、プラスの方で頑張った方が家族にとってもいいと思います。

子供達も胸を痛めているでしょうから、早く解決するのが一番ですね。

今後のゴマキの活躍が気になるところです。注目していきます。

【関連記事】

ゴマキアパ不倫!元恋人の不倫相手、夫から損害賠償請求!夫はどんな人?

最期まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。