モヤモヤ血管が原因の肩こり解消法!簡単自分でできる!その方法とは?

男女を問わず若い人から高齢者まで肩こりになる人が多くいます。国民病と言ってもおかしくないくらいです。

その中でも簡単に治せる肩こりがあるというのです。その肩こりとは、モヤモヤ血管が原因だというのです。

では、モヤモヤ血管とは何か?その肩こり解消法とは?

モヤモヤ血管が原因の肩こりとは?

運動後の筋肉痛は2、3日で解消しますが、特定の運動を繰り返すことで、首、肘、膝、腰などは、長時間繰り返し使うと痛みが出たりします。

長時間のスポーツの慢性痛や、長時間にわたって繰り返す作業などによって、筋肉の障害や関節の故障などで炎症が起こり、さらにそこの部分に微小の新生血管が発生ししたりします。

なぜ痛みが出るのでしょうか?

それは、新生血管が無数に生じてしまうことで、その新生血管の周囲に神経細胞が増殖し、これが過敏に反応して痛みが増しているわけです。

モヤモヤ血管が原因の簡単肩こり解消法は?

このモヤモヤ血管が原因で肩こりなる解消法として、自分で簡単にできる15秒指圧というものがあります。

このモヤモヤ血管にょる肩こりは、鎮痛剤を服用してもあまり効果がないことが知られています。

異常な新生血管は細くて無秩序に増殖して、血流が遮断すると死滅する特性があります。痛みの発生場所を皮膚の上から15秒指圧することで、血流を遮断し、新生血管を減らすことができるのです

15秒指圧を1週間以上して良くならない場合は、専門の整形外科などの医療機関でアドバイスをもらいましょう。

服薬や指圧などの効果が見られない場合は、直接モヤモヤ血管に注射を行う治療もあります

超音波で痛みの発症部位を特定し、その部位に直接注射をします。

肘関節のヒアルロン酸注射より、はるかに高い鎮痛効果が得られます。

変形性膝関節症などは、軟骨がすり減って痛みが出るので難しいですが、すり減りが軽度の場合は適用になります。

現在は、カテーテルによる新生血管の血流遮断を行う治療が始まっています。

にんにくで血流確保!

血管を強くするおすすめの食材は、ニンニクです。食べる降圧剤とも呼ばれ、血管の巡りを良くして血管を拡張する働きもあるので、動脈硬化予防にも効果があります。

ニンニクみそなどを作っておくと、おにぎりや他の料理の調味料として使えるので大変便利です。

ニンニクみその作り方

【ニンニクみその作り方】

  1. ニンニクをすり下ろす
  2. すりおろしたニンニク(3片)、味噌(120g)、砂糖(30g)、すりごま(12g)、かつお粉(5g)、酒(大さじ3)、みりん(大さじ4)、酢(大さじ1/2)、一味唐辛子(小さじ(1/2)を小鍋に入れて弱火で一煮立ちさせます。
  3. 煮沸した瓶に熱いうちに入れてフタをし、冷蔵庫で冷やします。

ネットでは?

まとめ

肩こりは、簡単に治せるものからそうでないものもあります。肩こりから頭痛になることもあります。

自分で対処できるものは、早めに対処して肩こりの苦痛から解放されましょう。

肩こりは首も張って本当に苦痛で、仕事や家事が集中してできなくなります。完全になくすことは無理でも、軽減することはできますので、対処してストレスを軽くしましょう

私も肩こりはずとなかったのですが、40半ばくらいから肩こりが気になり始めました。

血流が悪くなるからですが、適度な運動と規則正しい生活を心がけるようにすれば軽減できます。

血流を良くすることは、身体全体の健康にもつながることです。お互い頑張りましょう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。