悠仁さまの机、席の位置を犯人は知っていたのか?教室にいないことも?内部犯行?

26日、悠仁さまが通うお茶の水女子大学附属中学校で事件が起こりました。

悠仁さまの机の上に2本の包丁が置かれていたというのです。脅迫でしょうか?犯行の予告なのでしょうか?

どちらにしても恐ろしい出来事です。防犯カメラには、怪しい男が映っていたそうです。

その男は、工事業者を装ったヘルメット姿だったそうです。

学校のセキュリティはどうなっていあのでしょうか?

疑問の多い事件ですね。検証してみました。

犯人はなぜ、悠仁さまの机、席の位置をしっていたのか?

犯人は、工事業者になりすまして侵入後、誰もいない悠仁さまの教室へ。悠仁さまの教室に入ると悠仁さまの机の上に2本の包丁を置いて立ち去りました。

ここでの疑問は?

  1. なぜ、教室がわかったのか?
  2. なぜ、教室に誰もいないことを知っていたのか?
  3. なぜ、悠仁さまの、机、席がわかったのか?

机、席の場所は机の中に入っているノートなどに書いてある名前で、探すことができることができるとしても、教室に誰もいないこと、教室の場所も知っていたとなると…

3つの条件が重なると、単なる偶然ではありませんね。

下調べをしても知りうる情報は限られます。内部犯行か、内部に協力者がいるかのどちらかになるでしょう。

はたして、どうなのでしょうか?

犯人は、悠仁さまが教室にいないことも知っていた?

犯人が悠仁さまを含め全員教室にいないことを知っていたのはなぜなのでしょうか?

学校の授業のスケジュールを知っていたことになります。

学校関係者以外で知ることができたのは誰か?

犯人または共犯者は、学校関係者か、授業のスケジュールを知ることができた者に限定されます。

学校関係者と言ってもなかなか絞れませんね。クラスメートやその家族も授業のスケジュールを知っています。

どこで情報が漏れたかもなかなかわかりません。

内部犯行か?他にだれが…?

状況を考えると、学校の内部情報を知りえる人物か、入手することができる人物以外は、この犯行は難しいでしょう。

包丁1本を机の上に置いたとすれば、いたずら?と思われるかもしれませんが、2本ともなると何かしらのはっきりとした意図があるとしか思えません

間違いやいたずらですることではないですね。

ツイッターでは?

【関連記事】

ひさひとさまの学校のセキュリティは?犯人は誰?防犯カメラ映像は?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。