高倉麻子監督の夫は誰で子供はいる?選手の育て方とチーム作りとは?

6月7日からフランスで開催されている「2019FIFA女子ワールドカップ」に、高倉麻子監督率いるサッカー日本女子代表も出場します。

そんななでしこジャパンの活躍に期待している人も多いのではないでしょうか?

今回は、元サッカー選手で、2016年から現在までなでしこジャパンを指導している高倉麻子監督について紹介します。

高倉麻子監督の夫は誰で子供はいるのか?

高倉麻子監督は、読売ベレーザに所属していたときに出会った竹本一彦さんと結婚しています。

愛知県出身の現サッカー指導者で、東京ヴェルディのゼネラルマネージャーでもあり、さらにサッカー関連の事業を行っている株式会社バンブーエイトの代表取締役でもあります。

高倉麻子監督も、この株式会社バンブーエイトの取締役を務めています。

 

そんな笑顔の素敵な高倉麻子監督と大人な雰囲気の竹本一彦の間には、子供はいるのでしょうか?

二人の子どもについて調査してみましたが、有力な情報は一切掴むことができませんでした。

これだけ有名な方なので、子ども生まれていたらニュースになっていたりと話題になるはずです。

ニュースにも話題にもなっていないので、もしかしたら二人の間には子どもがいらっしゃらないのかもしれません。

高倉麻子の選手の育て方とは?

なでしこジャパンで活躍している選手たちは、誰もが日本トップクラスの技術を持っています。

そんな選手たちに、高倉麻子監督はどういった選手の育て方をしてより強い選手に育てているのでしょうか。

 

高倉麻子監督は、なでしこジャパンの選手一人一人とコミュニケーションをとっています。

全員の選手を気にかけていて、最低でも一日一言話すように心がけているそうです。

日々の小さなコミュニケーションが、選手と監督の信頼関係を築いているのでしょう。

 

試合に出れずに落ち込んでいる選手には、チームにとって大切な選手であることを直接高倉麻子監督から伝えているようです。

サッカーの世界は厳しいものだということは伝え、それ以外は選手たちに必要以上にプレッシャーをかけないようにしています。

また、戦術の指示はするものの、選手一人一人に細かい指示をすることなく、選手の自発的なプレーを封じてしまうような指導はしていないそうです。

指示しすぎない選手の育て方から、それぞれが持っている能力を引き出すことができ、強い選手がたくさん育っているのかもしれませんね。

高倉麻子監督のチーム作りとは?

順調に結果を残しているなでしこジャパン。

選手一人一人を大切にしている高倉麻子監督は、どういったチーム作りをしてチームを勝利へ導いているのでしょうか。

 

選手同士のコミュニケーションも大切にしていて、選手同士のプレーについてなどのサッカーに関する自発的な話し合いの場に立ち入らないようにしているようです。

高倉麻子監督が選手の立場になって考えたときに、合宿などでコーチや監督とは必要以上に一緒に過ごしたくないと感じることから、必要なことを話したらできるだけ選手から離れるようにしてるともいいます。

普段から、選手と選手同士のコミュニケーションを大切に思っているからこその行動ですね。

このことから、合宿でも選手たちが余計なプレッシャーを感じることなく、サッカーに集中して練習できるのでしょう。

まとめ

今回は、2016年からサッカー日本女子代表のなでしこジャパンを指導し続けている高倉麻子と家族にスポットを当てて紹介しました。

高倉麻子監督率いるなでしこジャパンは、2018AFC女子アジアカップで大会2連覇を果たし、さらに現在開催されている2019FIFA女子ワールドカップフランス大会の出場権も獲得するなど、順調に結果を残しています。

そんな高倉麻子監督と日本女子代表選手の今後の活躍に注目していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。