白血病公表【池江璃花子】の祖母。水泳より長生きをしてほしい。祈り。

2020年東京五輪の金メダル候補で競泳女子のエース、池江璃花子(18)が12日、自身のツイッターを更新し、白血病を患っていると公表しました。

1月からのオーストラリア合宿中に体調を崩し、8日に緊急帰国。

検査の結果、病名が判明し、そのまま入院していることが明らかになりました。復帰時期は未定で、4月の日本選手権の出場も断念し、当面は療養に専念する様子です。

担当医師から早期発見と伝えられ、専属の三木二郎コーチ(35)は五輪へ向け「可能性はゼロではない」といっていましたが、世界中に衝撃のニュースが流れました。

そんな中、池江璃花子選手の祖母が悲しい胸の内を話してくれました。

池江璃花子選手の祖母の気持ちは?

「水泳なんていい、

   とにかく長生きして」

池江璃花子選手の祖母は、

「オーストラリア合宿の前、12日に家族全員がうちに集まってくれました。孫も5人が来てくれて、わいわい騒いでくれました。(池江選手が)アジア大会のメダルを持ってきてくれたので、家族全員で代わる代わるかけたりしましたね」

と話していました。

正月に池江璃花子選手は極めて健康そうに見え、池上選手が風邪を引いた記憶さえ乏しいと言います。「大病なんて一度もない」と。

「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして、私より先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。生きてさえいれば、私は……。生きてください。私が死ぬ前に死んでほしくない。私だって80歳なんだから」

と胸の内を明かしてくれました。

池江璃花子選手はいつも祖母に

「24歳で引退する」

といつも言っているそうです。

取材中に背筋をもばしながら語る祖母も、孫娘のことが心配で居ても立ってもいられないのでしょう。玄関の周りを心配そうに歩きながら、「昨日から私、ダメなんだよね」とつぶやいていました。

2年後の東京オリンピックも祖母は会場で応援するつもりです。

池江璃花子選手は祖母に

「東京オリンピック、来月からチケットが発売されるでしょ? 当たらなきゃいけないから、100枚くらい買おうかなって思って。見たいって友達は連れていってやろうかなって思って」

と言っていたそうです。

今は、孫娘のことが心配で

「オリンピックなんて、もう出なくていい。生きてくれさえすれば。私が死ぬ前に死んでほしくない。でも、治る病気らしいよ。渡辺謙だって治してるしね…」

と、孫娘が必ず治ると自分に語るように話していました。

祖母の想いは、病気を治すことに専念して、東京オリンピックで記録が出せなくても、次のオリンピックで出せばいいと池上璃花子選手に話しているそうです。

東京オリンピックの次(パリ)が池江璃花子選 24歳、自分が引退すると言っていた年齢です。

(引用元 デイリー新潮より)

白血病とは?治療方法は?

「白血病」とは血液のがんです。血液細胞の中には、赤血球、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄で作られる過程でがんになります。

がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し。骨髄を占拠していきます。

そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系の働きを低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

日本では、1年間に人口10万人当たり、男性で11.4人、女性7.9人の割合で白血病と診断されているようです。(2011年データ)

がんになった0~14歳、15~19歳中では、白血病が一番多かったとのことです。

白血病は大きく分けて、がん細胞が急激に増殖する「急性白血病」とゆっくり増殖する「慢性白血病」があります。

池江璃花子選手は、どのタイプなのか公表されていませんが、「急性骨髄性白血病」の場合、体力のある若年者ならば最初に複数の抗がん剤で遺伝子異常が起きた白血球を根絶する強力な化学療法をした後、造血幹細胞移植をするなどして正常な白血球を増やす治療法を行うのが一般的ということです。

治療にかかる期間は、ケースバイケースで抗がん剤の場合は1カ月以上の継続した治療に専念し、数カ月から半年、1年以上となることもあるそうです

正常な白血球が増加して体力が回復すれば、次第に元の生活に戻すことも可能になるとし、治療法は進化を続けていて、白血病支援団体「全国骨髄バンク推進連絡協議会」は「今は治癒率が高い」と話されていました。

ネットで池江璃花子選手を励ます声が

 

 

 

 

まとめ

とにかく、治療に専念してゆっくり休んで欲しいですね。

池江璃花子選手のあの笑顔をまたたくさん見たいです。

復帰を待って、応援しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

3 件のコメント

    • メールありがとうございます。丸山さんも白血病なんですね。お身体大丈夫ですか?無理はなさらないでください。メールいただけて嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。