小室圭さんの母が小室家の実情を告白!やはり世間とずれてる?今後は?

小室圭さんの母が友人に小室家の実情を話をしていました。その内容を、友人が語りました。

我々が考える母子家庭の母親としての感覚と同じなのでしょうか?

違うとしたら、その感覚とは?

小室圭さんの母親・佳子さん自身の金銭問題で、眞子さまとの婚約が延期になっている件は、どのように考えているのでしょうか?

現在わかっている情報から、調査してみました。

小室家の実情とは?

小室圭さんの母親・佳子さんが友人に語ったことによると

「私が知っている小室佳子さんは、お金に汚い人ではありません」

といいます。そう語るのは、小室さん親子を良く知るA子さん。

小室佳子さんはAさんに、

この子、父親を亡くしているんです。だから、パパを探さないならないの

と語ったそうです。

ある時旦那の霊が来て、バグしてくれたのよね」とも話してくれたそうです。

でも、小室家との確執もあるようです。以前調べた内容も良かったらご確認いただけると、ハグした内容に違和感があります。

A子さんに小室佳子さんは、圭さんの「パパ」を探す中で、さまざまな男性と出会い話す中で「4億男」と呼ばれる資産家の男性もいたそうです。

小室圭の父親の自殺理由が衝撃!なぜ悲しい死の連鎖が。相続トラブル!

世間とずれている?どう思いますか?

A子さんに小室佳子さんが話した「4億男」と呼ばれる資産家の男性もいたという話を聞いていかがですか?

母子家庭だからと言って、大変だからその男性の本質を見ないでお金、資産のことだけで「パパ」になろうとする人を見ますか?

気持ちはわからないでもないですが、息子の父親となる男性です。お金も大事なのはわかります。

一番大事なのは、息子さんと良い関係が築ける男性かということも大事なはずです。

なぜ資産の話が先に出るのでしょうか?

母子、父子家庭の方々が一番苦労し考えること、第一は子供のことです

本当の絆は、お金では決して買うことができません

子供と良い関係が築ける男性がいなかったから、という話では納得できますが、お金の話や資産の話が先に出るとどうしても、おかしいなと思うますが、いかがですか?

母親としてするべきことは何?

生稲晃子さんが8日のバイキングで小室圭氏のことを「私が親だったら許せない」と話をしていました。

子供の幸せを考える親なら、自分自身の借金問題で、子供の婚約が延期されつらい立場にいると思えば、真っ先に行動を起こすのが普通の親であると思います。

何が理由でこんなに放置できるのか感覚がわかりません。

一般家庭では、お金がないために進学をあきらめたりする子供は多くいます。

お付き合いしている方が、自分の子でも難しいことをして助けてくれたとすれば、感謝をし、誠意をもって対応すると思いますが、小室佳子さんはどうでしょうか?

解決済みだからと言って、相手がそうでないといっている以上、しかも助けてくれた恩人です。その人を無視するというのはどうなのでしょう?

行動しない母親の代わりに、自分(小室圭さん)が行動して、眞子さまの悩みや辛さから解放しようとする動きをすればいいのですが、親子そろっての無視です。

下の記事を読むと解決のスピードが大事だということがわかるはずです。

小室圭は弁護士にならない?衝撃の事実!アメリカ留学で自分探し!秋篠宮さまのお気持ちは?

ツイッターでは?

まとめ

私の娘の相手としたら、到底認められないですね。この話題が注目される理由は、それぞれの立場で自分だったらと思いをめぐらせて考えるからではないでしょうか?

家庭環境、立場によってそれぞれ考え方も違うので答えも変わっています。一般家庭の結婚となんら変わらない縮図がここにはあるのです。

みなさんは、どうお考えですか?

 

【関連記事】

小室圭さん、2つの公約違反とは?眞子さま、つらい現実に失望の涙。

【小室圭】眞子さま大丈夫?銀行時代の裏の顔とは?問題行動の数々判明。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。