久保瑛史がレアル入団で実力と家族構成は?顔画像と動画でテクニックを検証!

久保建英の弟の久保瑛史がレアルマドリードに入団することが決まりました。

久保建英の入団と一緒になり良かったですね。母親も一緒にマドリード入りし、共に生活しながら支えていくようです。

まだ12歳の瑛史くんには、家族の支えが大きいでしょうね。

でも兄の建英も一緒なので安心も大きいと思います。

今後の兄弟の活躍に注目ですね。

久保瑛史の実力と家族構成などについて調べてみました。

久保建英の弟の久保瑛史がレアル入団!

スペイン全国「Marc」が伝えたところでは、

レアル・マドリーの18歳、タケフサを兄に持つエイジ・クボは、母親とともにマドリードに旅をし、ロス・ブランコ(マドリーの愛称で白)のアカデミーに入団の運びとなるだろう。兄より6つ下のヤングスターは、日本の横浜F・マリノスからの移籍となり、中盤でプレーする少年だ

と紹介をしています。

母親が一緒に生活することで弟の瑛史を支えていくことになるでしょう。

兄の建英も同じチームにいるので、心強いですね。

頼りになる兄であり、尊敬できるライバルでもある関係は素晴らしいですね。

久保瑛史の家族構成は?

久保瑛史くんの家族構成は、両親と兄の建英の4人家族です。

ご両親の教育方針も一風変わっています。

「家の居心地を悪くする」

家には、テレビもソファーも置かずに、朝から晩まで弁当をもって遊ばせていたのだそうです。

文武両道もきちんとしていて、読み聞かせやなどもしていたそうです。

兄の建英さんを見ていたら、それもわかる気がします。

きちんとした丁寧な言葉での受け答えの仕方、ものの考え方、周りへの感謝を忘れない姿勢などからも、両親の教育が素晴らしいことがよくわかります。

当然、瑛史くんも立派な選手に育ってくれるでしょうね。

久保瑛史の顔画像は?動画で実力を検証!

久保瑛史(くぼ えいじ)くんは現在12歳です。

2001年6月4日生まれ

なかなかのイケメンですね。

今後人気が出ること間違いなしです。

 

先制点話挙げたのが久保瑛史くんです。

横浜マリノスの下部組織:マリノスプライマリーに所属しています。

ゴールを嗅ぎつける能力はさすがに兄と一緒ですごいですね。

ボールに対する反応も良く、足も速いですね。

テクニックやセンスは兄以上だという噂もあります

レアルから声がかかるくらいですから、実力は申し分ないでしょう。

レアル・マドリードのカンテラ(サッカー下部組織)のカテゴリーは、13あって、久保瑛史は12歳なのでインファンチルAかBのどちらかになるでしょう。

カンテラのカテゴリーはこちら

カスティージャ(年齢設定なし)
フベニールA(16-18歳)
フベニールB(16-18歳)
フベニールC(16-18歳)
カデーテA(14-15歳)
カデーテB(14-15歳)
インファンチルA(12-13歳)
インファンチルB(12-13歳)
アレビンA(10-11歳)
アレビンB(10-11歳)
ベンハミンA(8-9歳)
ベンハミンB(8-9歳)
プレベンハミン(6-7歳)

カンテラとは?

「カンテラ」を直訳すると「石切り場」となるが、ラ・ファブリカ(工場の意)とも称されています。

未来有望な選手を創出するといった意味でしょうか。

将来、久保兄弟が日本代表に名を連ねて一緒にプレイすることも夢ではありませんね。

ツイッターでは?

まとめ

驚きのニュースでした。期待はしていましたが、このタイミングで?と一瞬思いましたが、ベストなタイミングでの、レアル入団となって良かったですね。

兄と一緒のチームで、レベルの高いサッカーが学べる環境が12歳で経験できるのは最高ですね。

今後の兄弟の活躍に注目ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。