気分が優れない!体がだるい!5月病?なる前に、予防のポイントは?

毎年、5月、6月になると、気分が優れなかったり、体がだるい、気分が落ち込んだり、前向きになれなかったりする人が増えてきます。

新年度に入って、職場の環境が変わったり、子供はクラス替えや進学で大きく環境が変わります。それに対応するために、知らず知らず、心も体も披露してしまいます。

今年は10連休もあります。新しい環境に慣れ始めた矢先に、長期休暇となります。この長期休暇で疲れが取れるどころか、休み疲れや仕事をする時ので生活リズムと休日の生活リズムが大きく変わると、その変化に体がついていかなくなります。

さまざまや要因で、休んでいるのに疲れが取れなかったり、気分が優れない状態が続き、前向きになれず、落ち込みやすくなったりします。

では、そうならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

10連休で5月病にならないためのポイントは?

体のリズムを整えましょう!」

不規則な生活をすると、体内リズムがくるって体調を崩してしまいます。自律神経のバランスも悪くなります。睡眠時間を十分に取って、早寝早起きを基準に体内リズムをっ戻しましょう。

運動をしましょう!

精神的な疲労は、運動でストレス発散したり肉体的疲労に変えられるといわれています。悩んでいるときにウォーキングしたり、ジョギングしたりするとスッキリした感じになるのがこれです。

肉体的疲労は、休めば回復します。ハイキングなどして気持ち良い空気を吸って、良い景色を見ながら楽しむのもいいでしょう。

趣味を楽しみましょう!

気分転換に趣味を楽しんでストレス発散をしましょう。時には自分の時間を大事にして楽しみましょう。

同じ境遇の仲間と話をしましょう!

環境が変わると強いストレスを感じます。同じ境遇の人に話をして問題を共有してストレスを発散しましょう。愚痴や悩みを話しをすることで精神的に楽になります。

ストレスをためないように楽しみましょう。

5月病の主な原因は?

5月病とはどんな病気?

五月病という病名はありません。

医学的には、

  1. 適応障害
  2. うつ病
  3. パーソナリティ障害
  4. 発達障害
  5. パニック障害
  6. 不眠症

といった病気があります。中でも一番多いのが、適応障害です。

5月病は、誰でもかかる可能性があります。この時期は環境の変化が多い時です。受験や就職などで目標を達成したことで燃え尽き症候群になったり、今度は、入学、入社、人事異動などで環境が変わってうまくなじめなかったりでストレスを抱えることも多くあります。

5月病の原因でもある適応障害やうつ病になりやすいタイプの人もいます。そういう人は、几帳面でまじめで責任感があるといった特徴があり、一人で抱え込んでしまうようなことっも多くあります。

気軽に周りの人に協力を求めるようにした方がいいでしょう。

5月の原因は?

  1. ストレス
  2. 不規則な生活

が大きな原因です。

1番は何といってもストレスでしょう。ストレスが原因で不眠症になり、不規則な生活になり自律神経が乱れて体調が崩れ疲労回復ができない。心と体のバランスが乱れる原因になります。

ネットでは?

まとめ

ツイッターでも10連休で5月病になるのでは?と心配する声も多いですね。これだけ長い休暇だと、仕事始まりがつらい、学校に行くのがつらいなど気持ちが滅入ることもあります。

いざ仕事が始まると、仕事や勉強がはかどらなかったり集中できなかったりしてストレスもかかるでしょうし、休みの間に不規則な性末をしていると、5月病になりやすくなります。

今の内から対策して、10連休を有意義に楽しみましょう。しっかり計画して、気がついたら終わっていたとならないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。