白髪を染めるべきか?白髪を染めずにきれいにみせるそのやり方とは?

加齢とともに白髪が増え、みんなが一度は悩む染めるべきか、染めずに自然のままにするかという悩み。

家庭ヘアカラー剤「ブローネ」を販売する花王によると、個人差はあるもの白髪が出始めるのは30代半ば頃からという回答が多かったそうです。

白髪意識の変遷」を調査したところ、30代~40代前半は内側や生え際、分け目が気になる人が多く、40代後半~50代後半になると白髪が増え、髪全体が気になる人が増えます

そもそもなぜ白髪になるのか?それは髪の毛の黒い成分(メラニン色素)を作る細胞であるメラノサイトの働きが弱ることによてってメラニンが生成されなくなり白髪になっていきます。

 

今、世界中で「グレイヘア」がブームになりつつあります。その最先端にあるのが日本です

シニア誌で「読者に一番人気のある女性」が、白髪を染めていない女優さんが多いというのです。

その中でも一番人気のある女優さんは、「草笛光子」さん。

白髪がきれいな女性有名人

草笛 光子

近藤 サト

島 かおり

倍賞 千恵子

白髪が似合う男性有名人

高田 純次

吉川 晃司

陣内 孝則

塚本 高史

白髪は染めるべきなのか?

ある読者アンケートでは75%の人が「白髪染めをいつかやめたい」と思っているそうです。

「白髪をもっとおしゃれにしませんか?」という記事に大反響があったことからも、白髪を染めないグレイヘアブームが来ていると言えるでしょう。

「今まで染めてきて、グレイヘアへ変えていくための勇気とプロセスが長くかかることが障害となっています。

グレイヘア移行期を乗り切る方法をご案内します。

白髪からグレイヘアへ、移行期をきれいに乗り切る方法

白髪=年寄 というように見られてきました。

今やグレイヘアは、自然体で生きるかっこいい女性のひとつのスタイルになりつつあります

男性も、それにつられグレイヘアにする人が増えています。

しかし、いったん染めると、グレイヘアに戻すまでの移行期間がユウウツになります。

生え際に出てきた白髪とすでに染めた黒髪のさかいめがわかれたツートンカラーに耐えられず、また染めてしまう。

なかなかグレイヘアの道のりは遠い。

ヘアカラー術で移行期を乗り切る

白と黒をなじませるカラーリングをするのがポイントです。

自分ではなかなかできないので、美容室でしてもらう方がいいでしょう。そのやり方とは、

①白髪は染めない

②境目は中間色で

③黒髪は明るく染める

白髪を目立たなくさせるカラーリング術

①カラー剤をつけるときは、髪の毛をクシでストライプ状にすくう

②すくった髪の毛だけを分ける

③すくった髪の毛だけにカラー剤をつける

そうすることで、まだらに染まり、異なる色の境界があいまいになり、より自然な雰囲気になります。

縦だけではなく横並びの髪の色をまだらにすることで、全体色をなじませることができるそうです。

こまめにカットする

こまめにカットすることで、白髪が気にならない。

白髪(グレイヘア)ブーム到来!

 

「グレイヘア」は2018年新語・流行語大賞にノミネートされました。

アンケートでも8割近い女性が美しいグレイヘアのお手本を探しているそうです。

髪を染める費用や手間がかかる大変さがあります。グレイヘアへの移行期をうまく乗り切れば、思い切りグレイヘアを楽しめますね。

自分らしさの象徴、かっこいい女性、男性として自信をもって自分なりにおしゃれを楽しんでください。

SNS上でグレイヘアについては?

まとめ

グレイヘアにあこがれている方が多いなとあらためて思いました。

男女問わず、グレイヘアが似合う人は素敵ですね。

グレイヘアが似合う、見た目も内面もそうなりたですね

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。