転勤がなくなる!?メリットは?夫の転勤で妻が離職!今後はどうなる?

する転勤の時期になるとみなさんが、心配する生活環境の変化です。転勤によって発生する問題がクローズアップされ、このままの働き方で果たしていいのか?

疑問に持つ社員が増え、新入社員は特に顕著に転勤をしたくない人が多くいます

転勤は会社としても経費がかかり、果たしてその経費に似合った効果が得られているのか?真剣に考える時期に来たようです。

新入社員は、、出世より自分の生き方を重視する傾向にあります。自分の意図しない地域にいきなり転勤になり、その地域でまた新たなコミュニティーになじむということをしていかなくてはいけません。

いろんな問題点がある中、大手損害保険会社が転勤を廃止することがわかり話題になっています。

それはどんな理由からなのでしょうか?

転勤がなくなると、どんなメリットがあるのか?

ライフプランが立てやすくなる

転勤がないことで、ライフプラン(人生設計)が立てやすくなります。結婚、子育て、親の介護など、さまざまの出来事があります。

少子高齢化で育児や親の介護で悩む社員へ、さらに転勤でストレスをかけなくて済みます。

妻が離職しなくても済む

夫の転勤で妻も一緒行くケースも多くあります。今では共働きが当たり前で、妻の収入も大きな役割を占めています。

転勤でまた新たな仕事先を見つけ、働きやすい環境を見つけるのは大変なことです。転勤でついていく子供も同じです。

友達や学校も変わると、新たな心配事も親は増えますし、子供も新たな環境になじむのには時間がかかります。

転勤がないだけで、子育ても将来を見据えて設計が立てられます。妻も離職す必要がなくなり、不安もなくなります。

子育てにかかわれる時間が増える

転勤で単身赴任される方もいます。週末や月1回は必ず家族のもとに帰る方も多くいます。仕事が終わるとそのまま、妻や子供がいる家に帰る。

転勤がなくれば、家族といる時間も増えます。子供の部活活動にも参加できます

単身赴任だと、奥さんが、仕事に子育てを担うことになり負担も大きくなります。すぐ近くに相談できる相手がいることは大事なことです。

親の面倒を近くで見れる

少子高齢化で、兄弟が少なく一人っ子も多くいる時代です。出生率1.43(2017年)で毎年低下しています。人口も減ってきているのです。

親が病気になったり、介護状態になった場合、この問題は切実なのです。何かあれば、自分で親の面倒を見ないといけなくなるからです。

近くにいればこそできることも多くあります。

また、親亡き後の空き家問題も大きな問題となっています。家の管理なども近くに住んでいればできることです。

転勤は本当になくなるのか?今後はどうなる?

結論からいうと、今後は転勤がないという選択ができる会社が増えることは間違いありません。

なぜなら、会社内のアンケートでも、転勤の意味の疑問やメリットが感じられないといった意見が多いからです。

会社の経費がかかる

引っ越しの時期が重なり、引っ越し費用が高額になっているニュースが話題になっています。会社の経費も馬鹿になりません。

今回、転勤をやめることを公表した損害保険会社は業界第4位のAIG損保です。保険会社は、経費削減など業界再編成で合併等がたびたびなされてきました。

転勤メリットとデメリットを考えた場合、社員が働きやすい環境を選択ことができる上に、経費も減らせるわけなので一石二鳥ですよね。

新卒採用で他社をリードしたい

新入社員は、バリバリ働いて出世してという生き方より、ライフワークバランスといった、仕事と生活の調和・調整です。

生活が充実することで、仕事も充実する。仕事が充実することで、生活も充実する。といった相互関係の調和です。

転勤して家族を犠牲にしてという働き方自体が、時代遅れなのかもしれませんね。

選択できる制度があれば、より自由は働き方を選べるので会社を選ぶ際には、大きな決定要素にになりますね。

働き方のの多様性が選択できる

今回導入を決めたAIG損保も、選択できる制度にするようです。転勤する人の方が珍しいといった環境にしたいと語っています。

人員の偏りには、地元で採用調整したり、転勤する人たちをあてたりといった対応をしたいとも言っています。

転勤することで得られるメリットはあったのか?

良く転勤で言われるメリットには、次のようなものがありました。

  1. 会社の将来のため経験させることでの人材育成
  2. 人脈が広がる
  3. 仕事のマンネリ化をさけ活性化させる
  4. 横領などの不祥事対策

どうでしょうか?どれもパッとしない理由だと思いませんか?

これだけのネット社会で情報の伝達スピードは昔と比べ、格段の違いです。ネットTV会議、研修なども普通に行われるようになってきました。

横領などの不祥事件は、転勤が起こらないかと言えばウソです。どこの会社でも一定数は起こっている問題なのです

転勤で解決する問題ではなく、社員教育などで横領などの不祥事件を防止するのが正しいやり方です。

今の時代、転勤の選択ができれば、入社して5年は一生懸命働いて転勤ありにしてそれ以降は、転勤なしで結婚して地元で働きたいという多様な働き方ができます。

新卒者に働き方の多様化が提案できれば、会社を選ぶ際にハードルが低くなります

確かに以前には、転勤を導入するメリットは大きかったのかもしれませんが、今はメリットよりデメリットの方が大きいでしょう。

まとめ

社員が働きやすい環境を準備することで、会社を選んでもらう時代になったことが大きな要因だと思います。

社員から好かれない会社が、世間から認められるか?ということだと思います。もっと早く、転勤をなくす会社が出てきても良かったのではとさえ思います。

損害保険会社大手が実施することで、大なり小なり影響は出てくると思います。保険の仕事に長く携わっていますが、営業担当者がようやく人間関係が築けた頃によく転勤で変わることが多くありました。

何故転勤させるのか?本当に疑問だらけでした。長く同じ場所で働くと不祥事件がおこるなら、地元で長期間働いている保険代理店や保険募集人はどうなるの?

矛盾ありますよね。

今後、日本全体で変革が起こって欲しいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。