村八分で損害賠償請求3,000万円請求。大分県のどこ?なぜ起こったのか?

現代でもまだあったのか?「村八分」とは、もう現代では死語だと思っていましたが…。近年、UターンやIターンなどが人気になっています。田舎の自然豊かなところで子供を育てたいといったような方も増えてきています。2019年住みたい田舎ランキングで1位となった大分県豊後高田市。今回の件も大分県。では場所はどこなのでしょう?

でも、その前に、知らない方もいると思いますので「村八分」とは、

村八分(むらはちぶ)とは、村落村社会)の中で、秩序を破った者に対して課される制裁行為であり、一定の地域に居住する住民が結束して交際を絶つこと(共同絶交)である。転じて、地域社会から特定の住民を排斥したり、集団の中で特定のメンバーを排斥(いじめ)したりする行為を指して用いられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

場所は、大分県宇佐市!被害は?

「村八分」訴訟の舞台となっているのは、「大分県宇佐市」(地図)。地図をご覧になってわかる通り、皮肉にも2019年田舎暮らしランキング1位の大分県豊後高田市のお隣の市で起こっている問題です。ところかわれば、こうも違うっていうのは、ある意味じっくり調べて移住しないと怖いことになりますね。

では、被害者にはどんなことが起こったのでしょう。

  1. ゴミ捨て場が使えない
  2. 集団で無視、悪口を言われる
  3. 生活用水を使えないようにされた
  4. 自治会に入れない
  5. その他

ツイッターでは、

事実関係や詳細は分かりませんが、生活用水が使えないようにってやりすぎでは?とおもいますが、水利組合も言い分があるようですので、裁判の行方が気になるところです。

なぜ起こったのでしょうか?

被害者は、地域に溶け込んでいたそうですが、あることをきっかけにこじれて今回の件まで発展することに。本当に怖いですよね。田舎暮らしがもてはやされ人気が出ているだけに。

コミュニケーションの問題が大きいように感じますが。コミュニケーションが足りなかったために、行動が誤解を生んだり反発を生んだりすることはよくあります。それは、親子関係でもあるんですから、他人なら尚のことコミュニケーションが重要ですね。本当のことは、当事者しかわかりませんが…。

お隣の大分県豊後高田市は、「親子で田舎暮らし体験プログラム」などもやっていて、家族が体験することで雰囲気を味わうことができるようになっています。不安が亡くなるまで下調べして、納得して田舎暮らしをスタートしなければいけませんね。自治体等の協力体制。医療、学校等の利便性、地域の人たちとの交流も調べて安心して楽しい田舎暮らしができるといいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。