犬虐待、零ちゃん(レイちゃん)無事保護へ。老犬ホーム入所へ!

老犬・零ちゃんを足蹴りを何度もしている動画が投稿され問題となった犬虐待動画

零ちゃんは、動物愛護団体の「紫友会」に一時保護されていましたが、その後どうなるのか心配されていました。

零ちゃんはどうなったのでしょうか?

犬虐待、零ちゃんはどうなったのか?

零ちゃんの様子は?

零ちゃん保護された時の状態
  • 重度のぼうこう炎
  • 尿路感染
  • 腹部の腫れ(こぶし大のもの複数)
  • 肝臓の数値高め
  • 股関節の炎症
  • 背骨変形(老化によるもの)
  • 2月12日 ぼうこう炎・尿路感染の治療
  • 2月14日 散歩動画を投稿
  • 2月20日 まだ呼吸が荒い、胃の中の石ころが出てこない
  • 2月25日 ドッグランでリードなしのお散歩
  • 3月1日  坂上忍、零ちゃんに会い広島へ
  • 3月7日  尿路感染の治療を続けながら呼吸を楽にする治療開始

零ちゃんの今後は?

保護している紫友会と飼い主との話し合いを続けてきたといいます。話し合いは難航したようですが、老犬介護ホームに入所することが決まったそうです。

3月23日 京都の自宅(飼い主)近隣の老犬介護ホーム入所

紫友会の代表の川村さんが、老犬介護ホームに通い、零ちゃんが生きている限り面会を飼い主に許していただいたそうです。

飼い主家族も、老犬介護ホームに通いながら介護の仕方だったり、零ちゃんの病状を学んで施設で愛情をかけて世話していくことになったそうです。

入所費用・治療費・ステイ費用は「紫友会」が負担するそうです。

零ちゃんの所有権だけを主張する飼い主の責任は?

飼い主が、施設の費用も治療費も負担しないのに、飼い主であると所有権だけを主張する人に、飼い主の資格があるのでしょうか?

本当にあきれた人ですね。虐待を反省し、零ちゃんのことを少しでも考えるのなら、施設の費用、治療費ぐらい最低限支払うべきでしょう。

法律を改正しない限り、この手の飼い主を取り締まる方法はないのが残念です。

零ちゃんは、老犬介護ホームでの様子は?

老犬介護ホームで23日に1ヶ月半ぶりに再開した際、零ちゃんは、飼い主ではなく、川村さんの方ばかりを見ていたそうです。

その姿をみた飼い主は、2ヶ月保護していた川村さんの方ばかりを見ていた零ちゃんが、15年一緒にいた飼い主を見なかったことで、飼い主の方から所有権放棄の書類にサインするとの話があったそうです。

最後の最後に零ちゃんのことを考え、所有権放棄をしてくれてよかったですね。

ツイッターでは?

まとめ

零ちゃんのことがどうなるのか心配をしていましたが、何とかベストの形になって良かったですね。

これまで保護して守ってきた紫友会さんは、素晴らしいと思いました。根気強く飼い主に交渉し、その姿勢が零ちゃんの所有権を紫友会の川村さんにならということになったのでしょう。

零ちゃんが、これからの余生楽しく健康に過ごすことを祈っています

【関連記事】

ラブラドールれいちゃん安らかに!紫友会の川村さんにありがとうの声!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。