犬虐待、クローゼットにぶつけられたトイプードルのその後は?

3月26日にSNSに投稿された動画は衝撃的なものでした。

リードにつながれたまま、何度も振り回されクローゼットにぶつけられ、さらに激しく蹴りつけられる犬の様子が映し出されていました。

動画には、犬の悲鳴も記録されていて見るに堪えないものでした。

県と警察が協力して対応しているとの報道でした。警察は動物愛護法違反の立件も視野に捜査をしていました。

しかし、その後はどうなったのでしょうか?

虐待されたトイプードルは今?

虐待を受けたトイプードルの名前は「アオ」。

アオ」は現在、福島・会津若松市のカフェにいます。動画を見た福島アダプトネットワークの山内憲司代表は、動画で騒がれていたために水面下で「アオ」を安全に確保するために交渉をしていたそうです。

犬の保護や譲渡を行う「福島アダプトネットワーク」は、問題発覚後、すぐに飼い主の女性と連絡を取り、犬の保護を申し出たそうです。

最終的には、飼い主さんの方から引き取って欲しいと連絡が来たそうです。

犬を虐待した女性は?

今後に度と犬を飼わないことを約束

飼い主の女性は、二度と犬を飼わないことを約束し「アオ」ともう一匹の「ソラ」の所有権を放棄したそうです。

2匹は現在、スタッフの家で保護されているとのことです。

「アオ」と「ソラ」は、平均体重に足りず、栄養失調とみられていましたが、現在は回復に向かっているといいます。

2匹の今後は?

福島アダプトネットワークの代表の山内さんは、

これからどういう形で影響が出てくるかわからないので、慎重に見ながら再譲渡相手を決めていきたい

と言っています。

今後は、定期的に行われる譲渡会で新たな家族をさがすことになるといいます。

次の家族は優しい方であることを期待しますね。

ツイッターでは?

まとめ

ツイッターでも早く保護を訴えている方も多かったので、本当に良かったですね。

福島アダプトネットワークの方には、本当に感謝ですね。みなさんの不安を取り去ってくれましたね。

二匹の次の家族が早く見つかるといいですね

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。