【小室圭】眞子さま大丈夫?銀行時代の裏の顔とは?問題行動の数々判明。

。小室圭さんの母と元婚約者との金銭トラブル問題が泥沼化しています。

解決済み文章を公表後、全く進展もなく文章公表の意味があったのかさえ疑問に思われています。

自分たちの考えを述べることだけについて言えば、解決済み文章の公表は意味があったのかもしれません。

しかし、眞子さんとの今後、国民みんなが祝福してくれる環境、元婚約者との金銭トラブル問題解決などは、かえってマイナスの影響の方が大きくなりました。

今度は、銀行時代の小室圭さんの話まで。その内容とは?

【小室圭】銀行時代の裏の顔。

小室圭さん 年表
2010年9月 圭さん、国際基督教大学(ICU)に入学
2012年6月 眞子さまと圭さんが、ICUの留学に関する意見交換会で親交を結ぶ
2012年9月 圭さんがアメリカへ留学
2013年12月 圭さんが眞子さまへプロポーズ
2014年6月 圭さんがICUを卒業
2014年7月 圭さんが三菱東京UFJ銀行に入行
2016年4月 圭さんが同行を退職。一橋大学大学院に入学
2016年8月 圭さんが奥野法律事務所に勤務
2017年9月 眞子さまと圭さんが婚約内定会見

銀行内での評価は?

国際基督教大学を卒業して2年足らずで退職。しかも日本を代表するメガバンクである東京三菱UFJ銀行です。

誰もが、なぜそんなに早く辞めてしまったのか?疑問に思うでしょう。

それには、理由があったようです。

小室圭さんが配属されたのは、法人営業を行う丸の内支店。そこには新卒入社の中でも厳選された優秀な人材で、エリートコースだったと言えます。

そこでの小室圭さんの評価はあまりよくないものだったようです。

眞子さまと交際していたという事情もあるのかもしれないですが、誰ともコミュニケーションを取ろうとせず、目もあわせないような態度だったようです。

社内食堂でも一人で黙々と食べる姿が見られています。

業務態度は?

社内でクライアントの重要な書類が紛失し、部内全員でごみ箱などをひっくり返していたにもかかわらず、小室圭さん本人は、平然とした様子だったともいわれています。

このような様子をみかねた上司は、小室圭さんを注意した際「それってパワハラですよね。私が訴えたらどうなるか…」と恫喝ともとられかねないような態度を取って上司に逆切れしたとも言います。

真相はわかりませんが、クビにも近い自主退職をすすめられたのか?小室圭さんがすすんで退職したのか?はたしてどちらなのでしょうか?

小室圭さん、報道陣にタクシー代要求?

小室圭さんの母と元婚約者との金銭トラブル問題で小室圭さんの自宅に報道陣が殺到し、出勤する圭さんを追っかけたため、電車が使えず、パラリーガルとして勤めていた丸の内の法律事務所まで、タクシーで通勤せざるをえなくなりました。

その時、圭さんは会社の前でタクシーから降りる際、車を囲んだ報道陣に対して「誰かタクシー代、出してください」と要求したそうです。

これをみた宮内庁の人があわてて支払ったそうです。

その態度は、誰かに出してもらって当然という態度に見えたようです。

眞子さまは、どこまでご存じなのでしょうか?

なかなか進展しない事態に眞子さまは、大変つらい思いをされているでしょう。

眞子さまは、どこまでの事実をご存じなのでしょうか

報道内容が全て真実だとは限りません。でも火のないところには…

少しも良い話が聞こえてこないのは何故なのでしょうか?みんながアンチではないと思うのですが。

眞子さまの幸せを願う多くの人が心配しています。

平成の問題は、平成の内にと考えている関係者もいると聞きます。そうだとすると、もうあまり時間がありません。

まとめ

事態が長引けば長引くほど、いろんな情報が飛び交い決して良い方向に向かうとは思えません。

少しでも早く、眞子さまのためにも解決に向け小室圭さんに動いてほしいものです。

今の状態ではまだ時間がかかりそうで、眞子さまが可哀想に思えます。

多くの皆様も同じ気持ちでいると思います。

みんなから祝福される良い環境で結婚されることを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。