猫虐待!ひどい!猫の首にひも、引きずり連れ去る。犯人は?

犬の虐待に続き、今度は猫虐待の動画がニュースで流されました。

猫を蹴り上げようとする映像まで映し出され、さらに猫の首にひもをくくりつけ引きずりまわして連れ去る映像までも取られていました。

建物の所有者の許可を得て、10数年前から猫を38匹世話をしていた女性は、市内のNPOを通じて警察に相談をし、警察は同部愛護法違反の疑いも視野に捜査をするとしています。

猫虐待!ひどい映像!猫を蹴ろうとする様子も。

三重県鈴鹿市の小屋で男が猫に危害をくわうぇる様子が監視カメラに記録されていました。

小屋を管理する関係者が14年前から、ボランティアで猫にえさを与えたり、去勢手術を受けさせたりしていて、小屋には誰でも出入りできるようにしてあるそうです。

猫の世話をする女性によると、猫の寝床用の発泡スチロールが昨年末から壊される被害が相次ぎ、動物愛護活動を行う同市のNPO法人「グリーンNet」に相談し、今年2月から監視カメラを設置したそうです。

今月8日夜、男が猫を蹴り上げようとする様子がカメラに映っていて、16日午後には、生後約半年の子猫の首にひもをくくりつけ、引きずりながら連れ去る様子も記録されていました。

ネットでは?

まとめ

連れ去られた猫は、生後8か月の「はと」くん逮捕された男は54歳無職男性

逮捕された鮫島勝利(54)容疑者。連れ去ったが、なつかなかったので捨てたというのですが、捨てたとされる場所には「はと」君はいなかったそうです。

今回は、あの映像だけでは動物愛護法違反では難しく、窃盗での逮捕となったようです。

犯人から虐待され殺されていないかと心配です。捜査で明らかにして欲しいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。