7歳男児、特急電車にはねられ大けが!なぜ線路内に?いじめ?

20日午後、石川県のJR北陸線・野々市駅付近の線路上で、7歳の男の子が特急列車にはねられました。

男の子は、左足を骨折するなど大けがをしたが、意識はあり、命に別条はないといいます。

現在、事故の原因を調べているそうです。

なぜ、線路内に7歳の男の子が入ったのでしょうか?分別もつく年齢です。

まさか、いじめや自殺とかでないといいのですが心配です。

7歳の男の子のけがは?

7歳の男の子のけがは、左足の骨を折る大けがだそうですが、命に別条がなくてよかったですね。

今後、リハビリやPTSDなどのケアをしていかないといけませんね。

まだ幼いだけに、これからのケアが一番大事です。ケガもですが、一番は、心のケアです。

原因追求とともに、寄り添って支えてほしいですね。

なぜ線路内に?いじめが原因?自殺?

なぜ7歳の男児が線路内に入ったのでしょうか?

遊ぶで?いじめ?自殺?いろんな憶測がありますが、命に別条がなくて本当に良かったですね。

事故の原因を丁寧に突き留めないと、万一、いじめや自殺だったりすると、心のケアがとても大変です。

事故のショックによるPTSDも心配です。

今後の警察の捜査が待たれますが、心配ですね。

まとめ

これから、10連休、そして夏休みと長い休みが続きます。

学校が休みになり子供たちが、活発に活動するようになると、水難事故や、自動車事故などが増えてきます。

ますます目が離せなくなってきます。親も周りも細心の注意を払っていかなければ、子どもを守れませんね。気をつけたいものです。

最新の情報が更新されればアップしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。