桜田五輪相の辞任は当然!復興より議員大事!がっかりなのはあなた!

桜田五輪相がまたも失言。今回は失言では済まさあれない内容に驚愕しました。とても常識ある人間なら言えないような内容を、議員のパーティーの席で言うなんてありええない内容です。

また桜田大臣は、先に競泳の池江璃花子選手が「白血病」と診断されたことをめぐり「がっかりしている」などと述べ、批判を受けたことも話のネタに取り上げ、全く失言したことの反省をしていなかったことが露見する始末。

この大臣は、何をやっているんだか。この人が目立ってやったことは失言しかない。

復興に苦しむ人に寄り添って力になることができる仕事についておきながら、「復興より大臣が大事」と言ってのける無神経な人間。

本当に理解に苦しみます。

桜田五輪相、辞任は当然!発言内容は?

10日夜、東京都内で、衆議院比例代表東北ブロック選出で、岩手県出身の自民党の高橋比奈子議員のパーティーに出席し、次のようにあいさつしました。

桜田五輪相発言内容

「東京オリンピックは来年で、世界中の人が日本に来る。東日本大震災ということで、岩手県にも世界中の人が行くと思うので、おもてなしの心を持って復興に協力していただければありがたい。そして、復興以上に大事なのが高橋さんなので、よろしくどうぞお願いします」

復興以上に大事なのが一議員である?この方の思考回路はどうなっているのでしょうか?

復興に苦しむ人たちを前に言えるのか?議員としてより人として失格ですよね

また桜田大臣は、先に競泳の池江璃花子選手が「白血病」と診断されたことをめぐり「がっかりしている」などと述べ、批判を受けたことを念頭に、

池江璃花子選手に関する発言内容

私にとって、『がっかり』ということばは禁句だ。いろいろ言われて、もうこりごりしている

それをいうなら、桜田さん、あなたに「がっかり」ですよと言いたい国民は多くいるでしょう。

がっかり」というより「情けない」ですね。こんな人物を国会議員に選出して、税金を使っているんですから。

国会議員1人当たり約2億円の費用がかかっているというのに、そんなお金があったら復興に回して欲しいものです。

池江璃花子選手の時の発言、反省なし!

オリンピックに出ることを夢見て、日々努力を重ね、世界を驚かせるような活躍をしてきた池江璃花子選手が白血病にかかったときに「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手ですから、本当にがっかりしています」と発言しました。

池江璃花子選手のことは考えもせず、オリンピックの金メダルのことしか頭にない人物です。この時から桜田五輪相という人は、人の心を持ち合わせていなかったのでしょう。

この時の発言で、マスコミや国民から非難の声が上がり、反省の弁も述べましたが、どうやらポーズだったようです。

私にとって、『がっかり』ということばは禁句だ。いろいろ言われて、もうこりごりしている

という発言がまた出ました。やはり反省はしていなかったということがはっきりとわかりました

今も池江璃花子選手は闘病中で、病気と一生懸命闘っています。

人を馬鹿にし、自分のことしか考えない議員なら大臣だけでなく議員をやめるべきです!

ネットでは?

まとめ

他に、いいまちがいもあったそうです。

石巻市を「いしまきし」と3回もいい間違えたそうです。失礼極まりないですよね。社会人としてのマナーすら身につけていない。

パソコンを使用しない発言の時もそうでしたが、学ぶ姿勢、努力する姿勢も見せず、開き直り発言!この時、こんな人に税金を使っているんだ、無駄だな。と思っていました。

反省し改善し、努力しない人間はダメです。ましてや国会議員です。議員も早く辞職して欲しいものです

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。