新元号「令和」の意味は?決め手は何?

4月1日の11時40分に新元号「令和」と公表されました。

元号を改める政令は1日中に公布されて、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日に施行され、その日の午前0時に元号が切り替わる。

新たな元号は、最初とされる「大化」から数えて248番目となる。

新元号「令和」の意味は?

万葉集の「時に初春令月にして気よく、風和らぐ」からとったとされています。

「令月」とは

何事をするにもよい月。めでたい月。

という意味があります。まさしく改元に適した言葉ですね。

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

と安部首相は述べています。

新元号「令和」の決め手は?

「一人ひとりの日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を咲かせることができる日本でありたい」

と「世界に一つだけの花」を思わせるような理由です。

本当に一人ひとりが輝けるような日本になって欲しいものです。格差社会が広がりつつある今、格差、差別をなくし住みやすい日本にならばいいと思います。

ツイッターでは?

まとめ

万葉集から引用で、やさしい意味のある元号で好評のようですね。

みんなが喜びなじみやすいものであるのが一番なので、今回の「令和」はとても良かったですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。