小岩利夫(橘学苑)顔写真、経歴は?雇止めで生徒、親に説明なし!

神奈川県横浜市にある中高一貫教育の橘学苑で、教師が大量に退職したとの報道を受け、神奈川県が週明けに実態調査に乗り出すことがわかりました。

橘学苑をめぐっては、直近6年間で約120人の退職者が出たと報道され、厚生労働省の調査も学校に入り雇止めではないと反論しています。

何が事実なのでしょうか?学校の対応は?校長はどのような説明をしているのでしょうか?

橘学苑、小岩利夫校長は、どんな人?

小岩利夫プロフィール

1971年:明治大学付属中野高校卒業

1971年:東京理科大学入学

1975年:東京理科大学理学部卒業

明治大学付属中学・高等学校教師

明治大学付属中野八王子中学・高等学校教頭

2013年:日本学園中学・高等学校校長

2018年 : 橘学苑校長

橘学苑の教育方針とは?

  • 一 心すなおに真実を求めよう
  • 一 生命の尊さを自覚し、明日の社会を築くよろこびを人々とともにしよう
  • 一 正しく強く生きよう

2018年に校長に就任し、直近6年間で120人教職員が退職ということは、以前の校長の時からの学校自体の方針では?とさえ思えます。

その意思を小岩利夫校長も引き継いだ?

保護者説明会では、説明も十分している様子がなく、保護者からの「逃げるな!」の声もありました。

小岩利夫校長、保護者説明会での対応は?

保護者会では、保護者の質問は受け付けず一方的な説明で終わったようです。

教育には人が一番大事であるのにもかかわらず、生徒や保護者への説明もなく大量の教職員が退職しているのは、異常事態です。

厚生労働省、神奈川県ともに調査をするようですが、連休も入るので早急に対応する必要がありますね。

文部科学省も調査にかかわる必要があるのでは?と思います。

労働問題だけでなく、教育の現場で混乱が起きている事態は、文科省も責任あるのでは?

今後の調査が待たれます。一番の被害者は、生徒です。納得のいく正しい説明をすべきでしょう。

学校の教育方針「正しく強く生きよう」に反した行動になります。

ツイッターでの反応は?

橘学苑の学費はどれくらい?

橘学苑中学校・高等学校 入学時納入金

入学時納入金
入学料 ¥180,000
設備施設費 ¥170,000
¥350,000

橘学苑中学校 校納金

校納金内訳 全納(年額) 分納(第一期・第二期)
授業料 ¥384,000 ¥384,000(¥192,000×2回)
施設維持費 ¥84,000 ¥84,000(¥42,000×2回)
環境設備費 ¥24,000 ¥24,000(¥12,000×2回)
教育充実費 ¥36,000 ¥36,000(¥18,000×2回)
¥528,000 ¥528,000

上記のほかに生徒会費、PTA会費、学年積立金、ニュージーランド研修費があります。

まとめ

生徒中心に考えた行動を学校側がしていないこと、きちんとした説明がないことに保護者側は怒りを覚えるのだと思います。

校長だけの問題だけではなく、理事会のメンバー全員に責任があります。早急にこれまでの経緯と今後の対策の説明を実施しないと、子供も安心して授業に集中できないですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。