娘と関係を持った父親無罪!なぜ?ありえない!腹立たしい!

娘と性的関係を持った父親の裁判で無罪判決が言い渡されました。

今回の判決は、なかなか一般的には受け入れがたいものであることは明らかです。なのになぜ、裁判でこのような判決が出るのでしょうか?

法律を作る議員の怠慢と言わざる負えません。法律が悪いだの古いだのいっても、問題意識をもって法律を作ったり、改正できるのは国会議員です。

法律が変わらない限り、同じような判決がまた出ます。今回の判決も、判例となって残ります。

もっと国民が声を上げていくしかないですね。

今回の判決に至った経緯を見てみましょう。

裁判の内容は?判決理由は?

裁判の内容は

共同通信によりますと、父親である男性は実の娘が19歳の時に勤務先の会社やホテルで抵抗できない状態に乗じ、娘と性交したとして準強制性交の罪に問われて懲役10年を求刑されていました。

検察側は「中学2年生のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させていた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。

弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論していました。

名古屋地裁岡崎支部は、同意については「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と娘の同意はなかったと認定しました。

しかし、抵抗できる状態であったかについては「以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れて拒めなかったとは認められない」と指摘。

抵抗を続けて拒んだり、弟らの協力で回避したりした経験もあったとして、「従わざるを得ないような強い支配、従属関係にあったとまでは言い難い」と判断。

「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として、無罪判決を言い渡しました。

父親無罪の理由は?争点は?ありえない!腹立たしい!

抵抗可能かどうか?

裁判所は、「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と認定しておきながら、抵抗できる状態にあったかどうかについては、「以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れて拒めなかったとは認められない」としています。

日本の刑法では不同意のセックスが処罰対象ではなく、暴行脅迫を用いて、あるいは抵抗不能の状態に乗じて性交などを行った場合に罪になります。

被害者が同意していなかったということだけでは罪になりません。

家庭内の虐待の場合、それまでの積み重ねのなかで抵抗しても無駄と刷り込まれてしまっていたり、抵抗することで暴力を振るわれた経験が抵抗する力を奪い、そのことが抵抗できるのにしなかっただとか裁判で理由にされ無罪になるのは、おかしいとしか言いようがありません。

同意の有無は?

日本の刑法の場合、不同意のセックスが処罰対象ではなく、暴行脅迫を用いて、あるいは抵抗不能の状態に乗じて性交などを行った場合に罪になります。

同意の有無は罪にならないというおかしなものです。嫌がっていても抵抗不能にしなければ罪にならない。暴行脅迫をしなければ罪にならない。ということです。

この手の犯罪は、密室で行われるものです。弱者の視点に立って物事を考えられない法律は即刻変えるべきでしょう。

同じような被害者が口を閉ざすことにならないかがとても心配です。

ツイッターでは?

まとめ

この裁判の判決に、「ありえない」「腹立たしい」思いをしている人はたくさんいると思います

中学2年生のころから関係を持っていたという父親。父親と関係を持ちたいと思う訳がないと自然な感情で思わないのか?圧力をかけ抵抗できない状況において関係を持ったのは間違いないことも想像できるはずです。

これが法治国家?悲しい限りです。法律改正を早期にして欲しいですね。法律が悪すぎる!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。