ノーサイドゲーム第3話ネタバレ!ファンクラブの人数とリーグ戦は?

第3話は、なんとかラグビー部の存続は決まったが、資金繰りが厳しいことは変わりがなかった。

そのための資金繰りの対策を練らないといけない君嶋(大泉洋)は、役員会で滝川常務(上川隆也)と衝突することに・・・。

人気もも実力もないチームをどう立て直すのか?

君嶋の手腕が問われることになる。

がっけっぷちの君嶋はどうするのか?

第3話ネタバレ、感想は?

ラグビー部を強くするために、相撲部屋に特訓に行くことまでに。

君嶋の子供が練習を見学に行きたいと、子供たちがたくさん集まることを期待していたが、長男の君嶋博人と博人をいじめていた友達の2人しか見学に来ていなかった。

いじめられていた友達が帰ると言い出し、博人も帰ることに。

ラグビーが人気がないこととをあらためて思い知らされる結果となった。

プラチナリーグの参加費が高く採算が合わないと会議で疑問を呈するが、はねのけられてしまう。

会社からも、プラチナリーグからも資金面で難題を突き付けられる。

そうこうしている中、サッカーのファンクラブに博人がまたサッカーに夢中になる中、サッカーのファンクラブ入ろうかという話を聞く。

ラグビーの地域のファンを作るべく、ファンクラブを作ることを提案する。キャップテンの岸和田が反対するチームのメンバーを説得し、ファンクラブを設立することに。

ラグビー部の合宿を前倒しにして、仕事以外ラグビー漬けの毎日とファンサービスでチームは疲労していた。

役員会では、追加の予算を申請し、滝川からも批判を受けるが、社長の一声で予算は何とかなったものの、滝川から、予算を追加申請して、「結果が伴わなかったらどうなるかわかっているだろ」といわれ、さらに問題を抱え込むこととなる。

君嶋は、どうしても結果を出さざるを得ない状況がさらに続くことになった。

ボランティアとチームの練習時間のが取れないことで、チームとキャップテ・君嶋が板挟みでつらい立場に。

そんな中練習中、キャップテンの岸和田がケガをしてしまう。

入院しているところへ、同じ病院で子供が手術する勇気をアストロズからもらったと、雄太とその母親(ホラン千秋)から聞き、自分たちが与えていた勇気より、何倍も大きくなって自分に返ってきたとファンサービスで気づかされてしまう。

相変わらずチームではファンクラブより練習だとする選手が多い中、チームを君嶋が説得する。

人気が低いラグビーの人気について危惧する君嶋は、ファンクラブは将来に対する投資だとチームを心底から説得する。

子供に夢を、子供にラグビーの楽しさを、アストロズの素晴らしさを、と説得した。

「今やグランドだけが、君たちの戦場じゃないんだよ!」と君嶋がいった。

するとキャップテンが、入院しているときファンの子供から勇気をもらったと話をしたら、チームがまとまった。

まとまりを見せたチームが強くなっている実感をしながらも、プラチナリーグ戦がはじまる。

観客席を埋め尽くすファンが集まり感動をする。

晴らした試合はどうなってしまうのか?

ツイッターでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。