おでこニキビが治らない。簡単な治し方は?即効目立たなくする裏技は?【保存版】

ニキビは、青春のシンボルみたいに思っていましたが、大人になっても出来てしまいます。ニキビの原因は、年齢でも変わってきます。

「目立つところにニキビができて、早く治したい」「ニキビが目立たなくしたい」「ニキビが時々出るので、出ないように予防したい」「ニキビ予防のお手入れ方法が知りたい」「ニキビに効くおすすめの薬は?」など、悩みが尽きないものです。

しつこいニキビの治し方や即効目立たなくする裏技、その他役に立つ情報をお伝えいたします。

「おでこニキビ」が治らない。治し方は?

おでこには皮脂が多いのはご存知ですか?

鏡を見たら、おでこがテカっているのを見たことはありませんか?

おでこには、テカリのもととなる皮脂を分泌する皮脂腺が多く集まっています。そのため、皮脂は皮膚の表面を覆い、乾燥や細菌から皮膚を守っているのです。

しかし、皮脂腺から過剰に分泌されると、毛穴に詰まってしまい、毛穴の中の酸素が奪われアクネ菌が炎症を起こします。これがニキビの原因になります。

「おでこニキビ」治し方は?

皮脂が毛穴に詰まって炎症が起こってニキビになります。出来てしまった「おでこニキビ」の治し方は、一番効果があるのは、やはり皮膚科を受診して、あなたに合った薬を処方してもらうことです。

原因が、毛穴に皮脂が詰まってできたものか、ホルモンのバランスが影響してるのか、ストレスかなど実際の原因は、ひとつではなくいろんな要因が複合的に影響してなるものがほとんどです。

特に注意していただきたいのは、決して自分でニキビをつぶさないことです。理由は、ニキビ跡が残り、あとあとなかなか消えてくれないことがあります。

皮膚科の先生に診ていただいて、処方された薬を安心して使うことをお勧めします。

それでも、皮膚科に行く時間がないなどお急ぎの場合は、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌するのが効果的です。

ニキビの殺菌剤として、「イソプロピルメチルフェノール」「イオウ・トリクロサン・レゾルシン」があります。これらが配合されている薬を選ぶのがおすすめです。

例えば、第一三共ヘルスケア「クリアレックスWi」などがあります。低刺激性で弱酸性・無香料・アレルギーテスト済みという特徴があります。薬局の薬剤師さんに相談してから購入してください。

「おでこニキビ」予防対策は?

重要なのは、洗顔です。しっかり余分な皮脂を洗い流し、洗顔料もすすぎ残しがないようにきれいに流しましょう。

普段の生活では、栄養のバランスに気をつけ野菜を中心とした食事、果物などでビタミンを取るように心がけましょう。

睡眠不足も大きな原因のひとつです。十分な睡眠時間を取るように心がけましょう。

即効目立たなくする裏技は?

 

コンシーラーを使う

 

コンシーラーで、ニキビを隠します。その時に注意しなければいけないのは、筆を使うことです。指では決して塗らないでください。ムラができて自然な仕上がりになりません。

ポイント

①コンシーラーは、自分の肌よりワントーン暗い色を選ぶ

②コンシーラーは中心から徐々に広げる

③明るい色を足して肌になじませる

④最後に指でなじませる

「おでこニキビ」で悩んでいる人の声は?

まとめ

ニキビは、出来てしまってからだと治療改善が大変です。

やはり、出来ないように予防するのが一番ですね。日ごろのストレス、栄養バランス、睡眠時間など気をつけて生活することが一番の対策になります。

ニキビのない肌を維持できるようにしていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。