プチ断食をおすすめのヨーグルトで1日やってみた結果は?回復食は何?

以前、プチ断食とは何かについてお話いたしました。プチ断食は胃腸の本来の機能を回復させるために行うものでしたね!

プチ断食には様々なやり方がありますが、今回はその中でも効果が高いといわれているヨーグルトを利用するプチ断食についてお話ししていきたいと思います!

1日ヨーグルトプチ断食のやり方!

ヨーグルトプチ断食のやり方についてご説明したいと思います。ヨーグルトプチ断食は、準備期間・回復期間を含めると3日間かかるので、週末に取り組んでみるのがおすすめです。

・準備期間

ヨーグルトプチ断食の前日は、体を徐々に慣らしていきます。油っぽいもの、刺激の強い食べ物を避けて普段の5~8割程度の食事量に抑えます。特に夕食は軽めにしましょう!

・断食当日

断食当日は、朝・昼・夜の食事の代わりにヨーグルトを食べます。1食あたり100g~150gを摂取しましょう。また、ミネラルやビタミンが不足しないように、野菜ジュースを200~400ml飲んでも構いません。

断食中は代謝が盛んになるので、体内の水分が失われやすくなりますので、1.5~2Lを目安に、たくさん水を飲むようにしてください!

・回復期間

断食後は、胃腸の機能を正常に近づけるため、消化の良い回復食を食べます。ゆっくりと時間をかけて胃腸を固形物に慣らしていく方が断食の効果が上がります。

以上がヨーグルトプチ断食の基本的なやり方です!通常のプチ断食と違うのは、ヨーグルトを食べるという点ですね。こちらの方が空腹感が少なく、初めて挑戦する人には挑戦しやすいと思います。

断食におすすめのヨーグルトは?

せっかく断食をするなら、できる限り大きな効果を得たいですよね?そこで、高い断食効果を得るためのおすすめヨーグルトをご紹介します!

ヨーグルト断食におすすめなのは、ギリシャヨーグルトです!

ギリシャヨーグルトをおすすめする1番の理由は、たんぱく質の含有量です。なんと通常のヨーグルトの約3倍含まれているんです!たんぱく質は筋肉量を維持するのに欠かせないものですので、たくさん摂っておきたいところです。また、通常のヨーグルトより濃厚で食べ応えがありますので、空腹感を抑えられることもできます。

さらにギリシャヨーグルトは、通常のヨーグルトよりも低脂肪です。なおかつ、無糖のヨーグルトを選ぶと、カロリーもかなり抑えられます。

プチ断食の本来の目的ではないとはいえ、せっかくプチ断食をするなら、ダイエット効果も欲しいですよね!ダイエット効果が高いという面でもギリシャヨーグルトの方がプチ断食に適しているといえるでしょう!

回復食は何がいいの?

先ほど、断食のやり方の説明のところで回復食という言葉が出てきました。回復食とは、断食から普段の生活に戻すために食べる食事のことを言います。ここで何を食べるかによって、内臓への負担が大きく変わってきます。回復食では食べたほうがいいものよりも、食べない方がいいものに注意しましょう。

食べない方がいいのは、

  • パンや麺類、白米など、炭水化物
  • 魚や肉などの動物性タンパク質
  • 油分の多いもの
  • 乳製品
  • 化学調味料や添加物の含まれたもの などの胃腸への負担が多いものです。

断食明けには食べたくなりそうなものばかりですね。ですが、控えるようにしましょう!せっかく断食で胃腸本来の機能を回復させたのに、また酷使してしまっては、断食の効果が薄れてしまします。

まとめ

ヨーグルトを使うプチ断食についてお話ししてきました。ヨーグルト自体に乳酸菌が含まれていますので、腸内環境も良好にしてくれます。普通のプチ断食よりも高い効果が出そうですね!空腹感も少なくて、高い効果があるんなら、断然ヨーグルトを使うプチ断食の方が魅力的に見えてきます。

向き不向きもあるようなので自分の体調と相談しながら、みなさんもぜひ取り組んでみてください!

プチ断食にヨーグルトと野菜ジュースで効果は?3日間のやり方と結果!

最期まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。