プチ断食で3日で痩せるその正しいやり方とは?食事メニューを案内!

たった3日間でダイエット効果が出ると話題のプチ断食

そんな手軽に試せるプチ断食にはダイエット効果以外にも宿便が出る、美肌効果、痩せやすい体づくりに効果があると言われています。

1週間〜2週間の長期の断食と違って、普段忙しい生活を送っている人でも、週末を利用して気軽にチャレンジできるのが魅力です。

 

今回は、週末を利用して3日間のプチ断食に挑戦してみたので、やり方と食事メニュー、結果を日別に詳しく紹介します。

プチ断食に興味がある人や挑戦したい人は、要チェックです。

1日目メニューとやり方と結果は?

プチ断食は、すぐに断食を始めるわけではありません。

初日はまず、少ない食事量に体を慣らすことから始めます。

プチ断食のやり方

朝ごはんとお昼ごはんは普段の食事量より量を減らし、さらに胃に優しい消化のいいものを選ぶのがおすすめです。

朝ごはんとお昼ごはんで少ない食事量に体を慣らしたら、夜ごはんから本格的に断食を始めます。

1日目の食事メニュー

朝ごはん:おかゆ・みそ汁(豆腐)

お昼ごはん:おかゆ・野菜ジュース200ml

夜ごはん:具なしみそ汁

 

朝から胃に優しいおかゆを食べましたが、おかゆだけでは物足りなかったので、具ありのみそ汁を選んでいます。

お昼ごはんではおかゆに野菜ジュースを飲み、完全断食の準備を整えます。

夜ごはんから本格的に断食を始め、具なしみそ汁を飲みました。

 

いつもより食事量が少ないので、もちろんお腹は空くので、そんなときは炭酸水やレモン汁を入れた水を飲みます。

空腹時は水分でお腹を満たすのがプチ断食のルールです。

特に炭酸水は胃を膨らますことができるのでおすすめです。

1日目の結果

初日の体重の変化や肌の変化は、ほとんどありません。

水をたくさん飲むので、普段よりもトイレに行く回数が増えました。

2日目メニューとやり方と結果は?

2日目は本格的に断食をするので、食べ物は一切摂取しません。

お腹が空いた時は、水分で乗り切りましょう。

プチ断食のやり方

3食全てを野菜ジュースや紅茶、コーヒー、牛乳などの飲み物だけにしましょう。

好きな飲み物を選ぶと、ストレスを溜めすぎずに断食できます。

例外として、甘くないプレーンヨーグルトだけ食べられます。

2日目の食事メニュー

朝ごはん:生姜入りの紅茶・プレーンヨーグルト80g

お昼ごはん:野菜ジュース

夜ごはん:野菜ジュース・プレーンヨーグルト80g

 

2日目の朝ごはんは、体を温めるために生姜を入れた紅茶と、デザート感覚で少量のプレーンヨーグルトを食べました。

お昼ご飯には野菜ジュースだけを飲み、その後はレモン汁を入れた炭酸水でしのぎます。

夜ご飯にも野菜ジュースを選び、デザートでプレーンヨーグルトを食べ、その後は寝るまで炭酸水を飲みました。

2日目の結果

体重が前日より数百グラムですがわずかに減り、前日同様トイレにも頻繁に行きました。

特に効果を感じたのは便通で、普段便秘気味の体質なのですが、朝から宿便が出てくれたのでスッキリ

また、2日目は一番空腹を感じる日なので、出来るだけ炭酸水を飲んでお腹を満たすようにするのがポイントです。

3日目メニューとやり方と結果は?

プチ断食最終日は、朝ごはんだけ断食をして、お昼ごはんから徐々に食事量を増やしましょう。

断食をした直後の胃は敏感になっているので、回復食とも呼ばれる胃に優しい食事を摂って、徐々に体を食事に慣らします。

プチ断食のやり方

朝ごはんはまだ断食中なので、野菜ジュースなどのドリンクを飲みます。

お昼ごはんと夜ごはんは、初日同様おかゆなどの消化しやすい胃に優しい食べ物を選びましょう。

3日目の食事メニュー

朝ごはん:野菜ジュース

お昼ごはん:サラダ・リンゴを入れたヨーグルト100g

夜ごはん:おかゆ・みそ汁・ヨーグルト100g

 

3日目の朝は最後の断食なので野菜ジュースだけを飲み、お昼までレモン汁を入れた炭酸水を飲みました。

お昼ごはんには、サラダとヨーグルト。ヨーグルトには、頑張ったご褒美としてカットしたリンゴを入れています。

夜ごはんは胃に優しいおかゆとみそ汁、ヨーグルトを選び、みそ汁には大根を入れました。

 

回復食を食べるときの注意点は、食べ過ぎないことです。

朝はドリンクだけで過ごしているのでお腹が減っていますが、ここで回復食を食べ過ぎてしまうとリバウンドに繋がってしまいます。

空腹をグッと堪えて、回復食は普段の食事より少なめに摂取しましょう。

 

3日目の結果

一番気になるであろう断食を終えての結果ですが、一番効果を感じられたのが便通の改善です。

宿便が出るとは聞いていましたが、便秘気味にも関わらず、2日目の朝に続けて3日の朝もしっかりと便が出たことに驚きました。

また、体重も初日と比べて1.5kg減り、さらには常にあるアゴのニキビの数が少し減りました。

 

他には、2日目〜3日目は炭水化物を取っていないからなのか、少し頭の回転が遅くなったように感じました。

仕事に影響が出そうで心配な方は、週末を選んでプチ断食を行うのがベターです。

まとめ

プチ断食は簡単に挑戦できるダイエット方法で、3日坊主でダイエットをなかなか続けられない人にもぴったりだと感じました。

挑戦してみたい人は、今回紹介したやり方を参考に、無理せず自分のできる範囲内でプチ断食にチャレンジしてみてください。

また、持病がある人や体調が優れない人は、医師に相談した上で行うようにしましょう。

【関連記事】

プチ断食をしょうが紅茶でやってみた!その効果と効能がすごかった!

プチ断食をおすすめのヨーグルトで1日やってみた結果は?回復食は何?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。