独身女性に医療保険は必要か?考え方は?厳選ポイントを紹介。あなたにはこれだ!

最近は医療技術も進み、日帰り手術なども多くなってきています。それに伴い入院日数も以前より短くなってきています。そこで考えるのが、医療保険は本当に必要なのか?という問題です。ことあるごとに取り上げられ、議論になる話ですがいろんな側面があります。

FPでも人によって言うことが全く違います。どこの視点から考えるかによって、必要性の有無が変わってくるからです。保険は、金融商品です。保険を掛ける以上、やはりリターンを考えなければいけません。

ではどのように考えればよいか、厳選ポイントを紹介しましょう。

今の医療制度で大丈夫ではないのか?

今の医療制度で最初に思いつくのは「高額療養費制度」ですね。どんな制度なのでしょうか?見ていきましょう。

高額療養費
医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月(月の初めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

【高額療養費 69歳以下の方】

適用区分 ひと月の上限額(世帯ごと)
年収約1,160万円~
健保:標報83万円以上
国保:旧ただし書き所得901万円超
252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円
健保:標報53万~79万円
国保:旧ただし書き所得600万~901万円
167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370~約770万円
健保:標報28万~50万円
国保:旧ただし書き所得210万~600万円
80,100円+(医療費-267,000)×1%
~年収約370万円
健保:標報26万円以下
国保:旧ただし書き所得210万円以下
57,600円
住民税非課税者 35,400円

※70歳以上の方や、多数回(12か月以内の4回目から)の人は、厚生労働省の下記HPより詳細を確認してください。

(引用元 厚生労働省 HP:https://www.mhlw.go.jp/content/000333279.pdf

実際足りるのか計算してみましょう!

実際、「高額療養費制度」で足りるのか検証してみましょう。

上のグラフは、公益社団法人生命保険文化センターの資料です。高額療養費適用後の自己負担額になります。意外と費用がかかることがわかります。

入院にかかる諸費用
  1. 治療費
  2. 入院基本料
  3. 食事代
  4. 差額ベット代
  5. その他諸費用

ここで注意しなければならない点は、

①上の3,4,5は健康保険対象外である点(自己負担)

入院中の所得補償(給与の減額分)

上のグラフの平均約22万円の中には所得補償額は入っていません

急な入院で手術等になった場合、一般病棟がいっぱいで空いていなかったりした場合、より金額が高い特別室に入れられることもあります。

特別室の料金は病院によって様々ですが、高いところでは20万円近くするところあります。国立大学病院でも2万円近くします。

自分の意図しないところでお金は意外とかかるものです。

入院が短くなった分、通院日数が増える傾向にあります。手術後、すぐには仕事復帰ができず、リハビリをしながら、または自宅療養しながら通院するケースが増えてきています。

入院費、手術代など健康保険が利く治療であれば、「高額療養費」の対象になるので費用は足りるでしょう。でもそれ以外にかかる費用が意外に多いのも事実です。

貯金がある程度あって、そちらから出す用意があるというなら医療保険は必要ないと言えるでしょう

でも、長期に休業することになったら?以前とは同じような仕事ができなくなったら?そういうリスクを考えたうえで、必要、不必要の判断をした方がいいでしょう。

医療保険を無駄なく入るためには?

ここで、いい情報があります。

今まで見てきた通り、入院に数が少なる傾向にあるので以前より医療保険が安くはいれるようになりました。保険会社も入院保険金を支払うリスクが減ったからです。

では、どのような保険に加入すれば、最大限メリットを得られるでしょうか?

医療保険加入のポイント

入院一時金をつける

入院保険金をもらえる金額が、入院に数が少なくなったため、入院したら支払われる入院一時金を付保することをお勧めします。10万または20万つけておくと安心です。

入院とは、日帰り手術でも、診療明細書に病室使用料に金額の記入があれば入院とみなします(保険会社によって違うケースもあるのでご確認下さい)。

高度先進医療特約をつける

高齢者の場合は特に、利用する可能性が高くなります。白内障の手術で利用される「多焦点眼内レンズ」は、片目で25万くらいかかります。両目だと50万円はします。現時点では、高度先進医療にい該当します。今後健康保険対象になる可能性もあります。

7大疾病または3大疾病特約をつける

7大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性肝不全)、3大疾病(脳卒中・心筋梗塞・ガン)の場合は、入院が長期になるケースが多くあます。

1回の入院の支払限度日数が60日でもこの特約を付けると120日まで拡大します。(保険会社によって支払限度日数が違うのでご確認下さい)

ここでいう1回の入院とは、入院の原因を問わず、災害入院給付金のお支払事由に該当する入院を2回以上された場合は、継続した1回の入院とみなします。ただし、災害入院給付金が支払われた最終の入院の退院日の翌日からその日を含めて180日を経過して開始した入院については、新たな入院とみなします。(

上記の内容は、すべての保険会社に該当するわけではありませんので、必ず保険会社の募集パンフレットでご確認の上、ご不明な点があれば保険会社および保険募集人にお問い合わせしてください。

保険料はどれくらいになるの?

C保険会社の医療保険を例にすると、

【補償内容】

入院日額(60日型)        10,000円

手術給付金 院・放射線/外来 10万円/5万円

7大疾病入院延長特約

先進医療特約

退院後通院特約        日額 5,000円

35歳男性 4,697円(5,355円)

35歳女性 5,057円(5,802円)

45歳男性 6,702円(8,115円)

45歳女性 7,017円(8,398円)

保険会社によって内容等細かいところが違うところがありますので、必ず確認してください。

払込免除特約を付けると保険料は少しアップします。カッコ内の保険料は、払込免除特約を付けた場合の保険料です。

まとめ

保険は金融商品です。保険料を支払う以上、少なくと支払保険料以上もどってくるような補償内容にしないとただかけるだけではもったいないですよね。

安心を買う意味もあります。安心料として納得してかけられる保険に加入することをお勧めします。

そのために、この記事を参考にしていただけたら嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。