白井健三が最下位になぜ?意味わからない!東京オリンピック大丈夫?

男女の個人総合決勝が行われ、男子で16年リオデジャネイロ五輪団体金メダルの白井健三(日体大大学院)は、予選との合計161・463点で30人中、最下位の30位に沈みました。

なぜ、白井健三は最下位になったのでしょうか?

最下位になった理由が本人が理解しているのがわかっていればいいのですが、「意味がわからない」と答えているのがとても怖いと思います。

今のままで大丈夫なのでしょうか?自分の中で分かっていないというのがそうなの?という私たちから見れば疑問で一杯です。

コーチと演技構成を考え、点数がこれくらいとれると見込んで練習し、本番に挑んでいるものと思っていましたが、違うのでしょうか?

それとも、技の完成度に問題が?

調べてみました。

白井健三が最下位になぜ?採点方法は?

日本の体操界を担う若手ナンバーワンともくされる白井健三が最下位になるというのは想像もできませんでした。

先日の内村選手の予選落ちにも衝撃が走りましたが、今度は白井健三選手が…

信じられないことばかりが起きています。それはなぜなのでしょうか?

内村選手の場合は、思うように練習ができず不安が大きかったようですが、予想以上にくずれてしまい予選落ちという結果に。

内村選手は、「まだ(代表の)5人が決まったわけではないが、全体として強くなるチャンス。この状況でやるしかない」と気持ちを切り替え取り組むようです。

得点の算出について

表示される得点は、決定点・Dスコア・Eスコア・ペナルティ減点となっていて、そのうちの決定点が選手の得点となります。
決定点はDスコア+Eスコアーペナルティ減点で算出されます。

得点算出

(引用:体操NIPPON公式HP)

Dスコアの算出演技価値点 [ Difficulty score ]

演技の難しさは、難易度、技のグループ(女子は構成要求)、組み合わせから成り立っています。

  1. 難易度
    それぞれの技には難易度がきめられています。もっともやさしいA難度からもっとも難しいI難度まで9段階に分けられています。それぞれには難度点があり、もっとも難しい難度から男子は10個、女子は8個選んで合計します。跳馬は1つの跳躍技ごとにDスコアが決まっています。

    難度 A B C D E F G H I
    個々の価値 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9

    ※難度は回転数やひねり数、姿勢によって変わります。例えば鉄棒では、

    【男子】ゆか・鉄棒 【女子】段違い平行棒・平均台・ゆか

  2. 技のグループ
    男子の技グループ、女子の構成要求は、それぞれ5つの条件があり、その条件を満たすと各0.5加算となります。
    ※終末技に特別な加算の原則があります。
  3. 組み合わせ
    組み合せ点のある種目【男子】ゆか・鉄棒 【女子】段違い平行棒・平均台・ゆか

Eスコアの算出実施点 [ Execution score ]

その技の完成度、美しさ、大きさなど、演技でのできばえを10点満点から減点していきます。それぞれ減点はその度合いによって小欠点(-0.1)、中欠点(-0.3)、大欠点(-0.5)、そして落下や転倒(-1.0)の減点がなされます。

Eスコア算出

選手の演技は、安全で、美的に洗練され、かつ技術的に習熟している技だけで演技を構成しなければなりません。つまり、見ていて不安定でミスの多い演技は点数が低くなります。

ペナルティ減点

種目によって演技する場所がラインによって定められていたり、演技時間が制限されています。それらに違反すると、DスコアとEスコアを加算した後にペナルティとして減点されます。代表的な減点は下記のとおりです。

  1. ライン減点男女のゆかと跳馬にあります。それぞれラインを踏み越すことで減点となります。
  2. タイム減点男子はゆかにあります。演技は70秒以内に終えなければ減点です。女子はゆかと平均台にあります。それぞれ90秒以内に演技を終えなければ減点となります。

(引用:体操NIPPON公式HP)

採点方法を見ても、難しすぎてなかなかわかりずらいですよね

高得点が出る方法を見直して対策を取らないと、東京オリンピックに間に合わないかも?

本人も納得の演技をして、得点もついてこないとモチベーションの維持が大変ですよね。

白井健三選手も、演技内容と結果を見直し対策したいとしていますが、期待の若手なので是非頑張って欲しいと思います。

白井健三、意味わからない!

鉄棒で2度の落下があった後に迎えた得意の床運動。「リ・ジョンソン」や「シライ/ニュエン」など決め、着地もきっちりまとめていったが、14・533点と得点が伸びなかった。出来栄えを示すEスコアも8・233点止まりでした。

この結果に白井健三選手は、「床であの点になる意味が分からない。体操人生で一番(着地が)決まった床だと思った」と語っていました。

着地を止める重要性を説かれ、アドバイス通りに着地を止めても、Eスコアが「いろんな先生に聞いてみないといけない。何で今の点になっているのか知らないと。そこから始めたい」と困惑している様子でした。

何がどう変わったのでしょうか?解釈が間違っていた?

いずれにしても、高得点が出る対策を考えなければ、また同じように「意味がわからない」といった結果にならないとも限りません。

白井健三、東京オリンピックは大丈夫か?

白井選手自身が、出た点数の「意味がわからない」と言っているところから、解決しないと、結果と演技者との乖離が問題ですよね。

白井選手も、問題点を的確にとらえ、いろんな先生に意見を求めて解決方法を美紀出したいとしていますので、演技力、実力ともに申し分ない白井選手ですから、心配することはないと思います。

次の大会で、私たちの期待に応える結果を出してくれるものと信じています。

では、ツイッターではどう受け止められているのでしょうか?見てみましょう。

ツイッターでは?

まとめ

ツイッターの反応も、みなさん、白井選手の「意味がわからない」発言に心配をしています。

原因わからなくて対策できるの?復活できるの?など白井選手への期待が大きいだけに、心配している方も多くいます

実力がある白井選手ですから、必ず次回までには立て直してくれると思います。期待して待ちたいと思います。東京オリンピック代表で日本を引っ張る選として頑張って欲しいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。