【太陽光発電】2019年問題。買取制度終了後の売電価格は?今後の対策は?

太陽光発電の2019年問題とは、2009年以前に太陽光発電システムを導入していた家庭です。

固定買取制度(FIT)とは、一般家庭の場合、「自宅で使用した電力よりも、太陽光発電による電力が多い場合の余剰の電気を、10年固定で電力会社が買い取る制度」です。

買取終了後の売電価格や電力会社が買い取ってくれるのか?10年たって、太陽光発電のメンテナンスはどうすれば良いか?など解説します。

【2019年問題】固定買取制度終了後の買取価格は?電力会社各社の対応は?

固定価格買取制度が2009年11月からスタートしましたが、その時の買取価格が42円/kwhと非常に高く、太陽光発電システムの設置が増えました。

固定買取制度終了後の主な電力会社の対応は、

電力会社 買取期間終了後の買取 FIT法以外の売電価格
北海道電力 2019年6月HP公表 基本的に無償での受け入れ
東北電力 2019年6月目途 基本的に無償での受け入れ
東京電力 2019年6月公表 基本的に無償での受け入れ
北陸電力 2019年4月目途 基本的に無償での受け入れ
中部電力 2019年4月目途 個別契約もあるが基本的に無償での受け入れ
関西電力 2019年4月公表 基本的に無償での受け入れ
中国電力 2019年4月目途 個別契約の実績もあるが価格は未公開。無償の受け入れ案件もある。
四国電力 2019年4月目途 買取の可否も含めて案件別で単価を協議する。高くても9円/kwh未満
九州電力 2019年5~6月公表 最初から固定買取制度を使わず余剰売電する場合1年契約で12円96銭/kwh
沖縄電力 2019年6月目途 個別で契約をしている。買取価格は非公開。

経済産業省の予測によると約11円/kwhぐらいになるのではと発表しています。

しかし注意しなければならないのは、買取買取制度が終了後は、電力会社が必ずしも買い取らなくてもよくなる点です。

電力が余剰の場合、ただ(無料)で引き取るといった契約もあり得ます。

4月から6月までの間に、各電力会社が買取金額を発表しますので、今はそれを待つしかありませんね。

電力自由化によりできた電力会社が10円/kwhで買い取ると公表しているところもあります。やはり、10円/kwhあたりの金額で買取金額の競争があるのかもしれませんね。

太陽光発電、今後の対策と準備!

主な電力会社の公表があるまで待ちましょう。公表になった内容が基準でその他の電力会社が買取価格の条件等を決定し、そこから競争になると思います。

その時期まで待って、どこの電力会社に決めるか判断をすればいいと思います。

余剰電力の問題等があるので、新しい電力会社がどこまでやってくれるかに期待したいですね。

老朽化とメンテナンス問題

消費者庁の消費者安全委員会によると、平成29年11月までの9年間で起こった太陽光発電火災が127件報告されています。

その火災原因の46.5%が「パワー・コンディショナー」からの出火で取り付け時の不備が主な原因となっています。

その他は、太陽光パネルやケーブルからの出火で、7年以上たったパネルからの出火、ケーブルが挟まっているなど、不適切な設置が原因とみられるケースもありました。

太陽光パネルと屋根の間に延焼を防ぐ部材が挟まれていないケースが多くみられたそうです。

今回の固定買取制度終了で、10年になります。きちんと今後はメンテナンス管理をしていく必要が増します。

あるデータでは、きちんとメンテナンスしている太陽光パネルとしていないものとでは、発電量が最大で20%近く変わったというデータもあります。

耐久年数は20年のものが多いと思います。残りの期間故障なく、使っていただくためにも定期メンテナンスをお勧めします。

メンテナンス費用はどれくらいかかる?

パワーコンディショナーの交換費用

10年以上経つといつ故障してもおかしくありません。パワーコンディショナーの交換費用は、約20万円です。

定期点検費用

点検の費用は、販売店によっては無料でしてもらえるところもあります。有償なら1回約1万円位になります。

資源エネルギー庁よると、定期点検は4年に1回となっています。メーカーの担当者に確認してみてください。

清掃費用

太陽光パネルの表面は、砂ほこりや鳥のフンなどで汚れてしまいます。メーカーや設置業者に確認して定期的にする方が良いでしょう。

修理費用

基本的には、メーカー保証があるので、その期間内であれば費用はかかりません。修理の内容が、法相対象かどうか確認する必要があります。

メーカー保証とは?

メーカー保証には「製品保証」と「出力保証」があります。

製品保証」とは、一般的に10年、「出力保証」は20年から25年つきます。

一度契約書と、保証書の内容を確認してみてください。万一、太陽光パネルからの出火で補償が効くのか、火災保険での支払いになるのか?火災保険でもすべてをカバーできるのか?など良い機会なので、確認してみてください。

まとめ

4月以降大手電力会社の買取価格発表がありますので、ある程度でそろいましたら、今後の対応等改めて記事にしていきますので登録してご確認してみてください。

太陽光パネルの火災事故例の記事もありますので、ご覧になってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。