【大坂なおみ】サーシャ、ギャラ倍増要求に首宣告!1億要求で決別!

やはり、噂通り全米オープンを優勝した後から、サーシャコーチとの間がギクシャクしていたのではという話がまた出てきました。

全米オープンを優勝した大坂なおみ選手は、技術面のコーチに対して不満を持っていたそうです。

メンタル面の指導では、大坂選手にとってメリットがあったものの、技術面では疑問をもっていました。サーシャコーチは、大坂なおみ選手が、完璧主義で途中で心が折れる点をうまく指導してきました。

技術面では、定評のあった大坂なおみ選手が、全豪オープンで自分のメンタル面をコントロールでき優勝できたのも大きかったのかもしれません。

今回の全豪オープンでもサーシャコーチとの練習を10分で切り上げ、サーシャコーチがコースについてアドバイスしたときも、首を横にふり、目もあわせずペットボトルの水を飲む場面がありました。

サーシャコーチはギャラ1億を要求!?

 

サーシャコーチの就任時のギャラは3000万円といわれています。これは、比較的安い方で、大坂なおみ選手の成績のアップとともに5000万円までアップしたそうです。

このギャラに満足せず、ギャラ倍増を要求したのではという見方が強くなっています。

錦織圭選手のコーチ、マイケル・チャン氏は年間1億円もらっていると言われています。

サーシャコーチは、最優秀コーチに輝き一番売り時なだけに、マイケル・チャン氏と同額要求もありえるでしょう。

しかし、大坂なおみ選手は、技術面の指導に疑問を持っていたのもあって今回の交渉決裂が決別決定になったのでしょう。

サーシャコーチは以前にも同じケースで首に!

 

サーシャ・バインコーチは、以前担当した選手ともケンカ別れしたような形で決別した選手がいました。

その時の担当の選手が、好成績を残した直後に首に。今回と同じような形です。

その時も「お互いの思いがかみ合わなかったから」と語っていましたが、「ギャラがかみ合わなかったからでは?」と記者の間では言われていたそうです。

大坂なおみ選手の今後は?

サーシャコーチとの決別後、日本女子代表コーチの吉川コーチが急きょつとめることに。吉川コーチもこれまで日本ナショナルチームのコーチとして、大坂なおみ選手のサポートのあたっていました。

大坂なおみ選手は、往年の名選手「クリス・エバート」が経営するアカデミーで練習をしていました。

 

「クリスが成し遂げてきたことを知っているだけに、サーシャから同じことを言われても、クリスのことを信じやすい」とも大坂選手は言っています。

この彼女の発言からも、往年の名選手をスーパーバイザー的につける可能性もあると思います。

 

ドバイオープンでは初戦敗退となりましたが、敗戦理由と課題も自分なりに分析をしていました。

サーシャコーチとの決別で、メディアが熱狂し、高まる注目へ対応できなかったこと。練習があまりできなかったこと。など冷静に分析をしていました。

2つのグランドスラム優勝で世界1位に達した今、グランドスラム完全制覇という大きな目標に向かっています。

そのために、コーチの変更も新たなステップとしてとらえ、目標に向かってスタートしています。

大坂なおみ選手のさらなる栄光を期待しながら応援しましょう。

まとめ

ドバイオープンの初戦敗退は、メディアにとっては最高の良いニュースだったのかもしれません。

大坂なおみ選手も落ち着いて練習できる環境になかったのも事実です。

あらたな試練を乗り越え、新しい大阪なおみ選手の姿が見られることを期待しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。