田中史郎の嫁と子供がかわいい!滝行でメンタル強化も年収はいくら?

ラグビーのワールドカップがいよいよ始まりますね。それに伴って、ラグビー選手がテレビに出る機会も増えてきました。

その中でも田中史朗選手の笑顔が童顔で可愛いと話題です。

ラブビー選手にしては166センチの175キロと小柄で、スクラムハーフをしています。

小回りが利いて足も速く、状況判断に優れた選手です。ワールドカップでもちゅーもくのせんしゅであることは間違いありません。

そんな田中史朗選手について調べてみました。

田中史朗選手の嫁と子供がかわいい!

田中史朗選手の嫁は、元バトミントン選手で作山智美といいます。かわいいですよね。

子供さんも2人いらっしゃるようで、女の子と男の子でとてもかわいいです。

ラグビー選手としては小柄でも、アグレッシブなプレイでチームを引っ張る姿は、家族の力も大きいなと感じました。

極寒の滝行でメンタル強化がすごかった!

雪深い山奥で極寒の滝行を行って、メンタル強化を行いました。

日本代表の最年長34歳ということで、チームを引っ張ていかなければならないという使命感で頑張っています。

ラグビーの普及活動としても全国を回る活動を積極的にしています。

ラグビーワールドカップのチケットの売れ行きも順調だということで、日本チームの活躍が期待されます。

田中史朗選手から目が離せませんね。

田中史朗選手の年収はいくら?

田中史朗選手は、ニュージーランドのプロチームであるハイランダーズ所属していました。

年収も他の日本人選手よりはかなり多いと思われます。

年収は明らかにされていませんが、ハイランダーズの年棒は約1500万円ではないかとおもわれます。

スーパーラグビーに参戦しながらパナソニックワイルドナイツにも所属していたことから、年収は合計で2000万円はあるのではないかと思われます。

今年は、日本でワールドカップがあることから、スポンサー契約などあればもっと多くなると思われます。

まとめ

ラグビーのプロ化が鮮明になり、もっと人気が高まり年棒が高くなれば、ラグビー熱ももっと高まって来ると思われます。

ラグビーをしている若者にもプロという職業が鮮明に見えてくれば、サッカーがプロ化した時と同様盛り上がると思います。

そうなるように田中史朗選手や他のラグビー選手も普及活動をとおして、もっとラグビーを好きになって欲しいと頑張っています。

ラグビーワールドカップで日本が活躍すればもっと人気も高くなるので、ぜひ頑張って欲しいですね。

応援しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。