「妖怪人間」新作。イケメン・美少女に?イメチェン?期待大!2019

1968年から69年まで放送されたテレビアニメ「妖怪人間ベム」。人間になれる日を夢見る妖怪人間のベム、ベラ、ベロが悪と戦うというストーリーで、2006年にリメイク版が放送されたほか、2011年には亀梨和也さん主演で実写化もされました。

「BEM」では、ベム役を小西克幸さん、ベラ役をM・A・Oさん、ベロ役を小野賢章さんが演じ、監督は「劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ」を手掛けた小高義規さんが担当。キャラクター原案に村田蓮爾さん、制作にランドック・スタジオ、プロジェクト協Production I.Gが就き、キャラクター設定、舞台を大胆に変更した内容で3人の戦いを描いていくようです。

「妖怪人間ベム」がイメチェン?

新作「妖怪人間ベム」

1968~69年「妖怪人間ベム」

いかがですか?とても同じとは思えない変化ですね。

ここまで変わると、新作が俄然気になりますね。

月下でさびしげな目つきで立つ3人。オリジナル版では不気味な白目姿だったベムはイケメンな中年男性の見た目に、濃い目のメイクでマダム風だったベラはワンテールの髪にミニスカート姿の美少女に、つり上がった目と赤い上下のウェアが特徴だったベロはヘッドフォンを装着した現代風の少年に、それぞれ大きくイメージチェンジが施されています。

(引用元 ねとらば)

ネットでは?

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ネットでも、前作との違いが話題となって盛り上がっていますね。

わたしも、小さいころ怖いけど面白くて見ていました。後半は、怖いのもなくなって愛着すら持っていました。当時(再放送ですよ)もとても人気ありました。

インパクトが強くて、しかも正義の味方。でもだれもわかってくれない存在。何とかしてやりたいと思ってまたみる。って感じでた。

2019年の新作楽しみです。待ち遠しいですね。

放送日わかり次第更新しますんので、チェックしてみてください

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。